半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

本2014

イケメンで映像化すりゃあいいってもんじゃないよ!>世界から猫が消えたなら [ 川村元気 ]

えー、 この本のストーリーを忠実に表現するならば。 主人公が適度にブサメンであるほうが似合うはずなんです。 だから言いたい。 「イケメンで映像化すりゃあいいってもんじゃないよ!!!!」と。 適度なブサメンが残りの人生を過ごす過程をの方が、感動で…

おまわりさんの実態がわかって、仕事をはじめる人の気持ちに寄り添う本> 教場 [ 長岡弘樹 ]

ちょっと毛色の違う警察小説で、警察学校の話です。 おまわりさんになるとこういうことがあるんだー、ということがわかり、興味深かったです。 (フィクションのミステリー小説ですがね) 加えて、仕事をはじめる人の気持ちに寄り添う本だなぁと思いました。…

当然のように人が死ぬんですけどね、チームバチスタシリーズ:ナイチンゲールの沈黙 [ 海堂尊 ]

これは、入院中に病室で読んでいました。 図書館で予約したものを、夫が持ってきてくれたのです。 今思い出しても、ふしぎな話です。 歌声がキーワードになるんですが、歌には本当にそんな可能性があるのでしょうか?? 医療のことはよくわかりませんので、…

ほんわか(´▽`)ダース・ヴェイダーとルーク〈4才〉 ジェフリー・ブラウン/作 とみながあきこ/訳

このシリーズ、好きです。 子どもたちがもうちょっと大きくなったら、 スターウォーズを一緒に見て、 家族全員でライトセーバーごっこをして、 誰かしらが暗黒面におちたりして、 楽しく過ごしたいですね! その時には、こちらの絵本も。 ↓そうねボタン(押…

これは痛い本「D1警視庁暗殺部」/次に楽しみな本「ゼロの迎撃」(2014/06/17の再掲)

「登場人物が黄ばんだ白ブリーフを履いていそう」な小説は苦手 本の感想はあまりブログに書かないことにしているのですが(きりがないから)、あまりにも痛い本があったので、反省の意味を込めて記しておきます。 なんでそんな痛い本を手にしたのかといいま…

最初の方はとても面白かった:感染列島 パンデミック・イブ

「感染列島」という映画の宣伝があったなー、と思って。 この感染列島 パンデミック・イブ、序盤は強毒性鳥インフルエンザH5N1型が上陸したら?的に書かれています。 ここは、おもしろい。 とてもおもしろい。 駄菓子菓子。 後半、別の病原菌になって、グダ…

親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら

親の家を片づける―ある日突然、膨大な老親の荷物や家の整理と処分が、あなたの身に降りかかってきたら、どうしますか? (ゆうゆう特別編集) ずばり、実家の親は、片づけられない人たちです。 片づけられないゼネレーションなんですかねぇ…。 立て替えた実家、…