読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

高齢出産を正当化するのはやめたまえ!そのせいで結構な規模の産婦人科医を不妊治療に回さなくてはならなくなってるんだぞ!

日本は腐っている
もらった時すでに小さくて 一度も履けなかった長靴。

f:id:risazonamoshi:20161228163538j:plain

 

高齢出産したことを、反省しております。

深く。
深くお詫び申し上げる。

 

いつも書いてるけど、高齢出産はやっぱりよくないですよ。

 

まず大切なのは、高齢出産になる前に産めること。

そして社会は、若いうちに産んだからといって「損した」なんて思われないようにしなくちゃいけない。

むしろ、いい感じの年齢で出産した人には何かあげてもいいのでは?



なにかの例。

 

 

駄菓子菓子!

世間では「高齢出産にだってメリットはある!!」と声高に叫ぶ人がいます。

 

恥を知れ。

 

いやほんとまじで、

「私はこんなに高齢だけど出産したわ!これは素晴らしいことよ!」

とか

「あなたも、あなたも、たくさん不妊治療をして産みなさいよ!」

なんていう”厚かましいババア”が実在しますからね。

 

そうでなくとも、高齢出産組には若いママを小馬鹿した態度を取る人がいたりして、いすかない。

ギルティです、まったくもう。

 

どうか、若いママには1万円が当たりますように。

若いママをバカにするババアには、近所の認知症老人の大便が当たりますように。

 

 

出産を正当化するのはやめたまえ!

そのせいで結構な規模の産婦人科医を、不妊治療に回さなくてはならなくなってるんだぞ!

産科医不足と言われるこのご時世に、だ。

 

自分がやったことを正当化しようとして、社会にまで迷惑をかけちゃあいけない。

 

高齢出産というものには、「高齢で妊娠しにくくなって不妊治療を受けた挙句に、ハイリスク妊婦」という不名誉なゴールデンがつきまとうのですよ。

一体どんだけこの国の産科医療を圧迫する気なの!?

 

不妊治療も、ハイリスク出産も、どっちもつらいことです。

そうならずに子どもを産めるなら、それに越したことはない。

 

双子出産・育児なんかより、不妊治療の方がよっぽどたくさん白髪増えたぜ!

  

私はこの国の産科医療を圧迫してしまったという自覚があるので、深く反省しています。

 

 「アンタ、高齢出産したことを反省してるんだったら、。

 若い人がそうならないうちに出産できるための財源にするから」

と言われたら、従うしかありませんね。

 

なんだか過料や罰金みたいですが、そのくらい悪かったなーと、思っております。

 

 ただいま絶賛高齢出産中!というトレンドを、突然中止にはできませんよ。

この国のボリュームゾーンの女どもが、すっかりババアになっちゃったという事実は動かしようがない。

 

それでも、少しずつ、出産年齢の若返りが進めばいいなと、切に願います。

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク