読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

いいようのないムカつきをおぼえる「こどもちゃれんじ」fromベネッセ

労働/保育/家族問題2017

ドーモみなさん、こどもチャンレンジやってらっしゃいますか?

そう、アレです。アレ。
ベネッセがしつこくDMを送りつけてきやがるアレです。
言葉巧みに親の不安をあおる、あの勧誘DMのこどもチャンレンジです。

私は、こどもチャレンジはやっちゃいけないと思うんですよ。
理由は簡単です。

うち、双子だから。
2つ取るのもバカバカしいし、1つだったら紛争の火種にしかならないです。

あと、あの滑稽なマンガ付きDMが届かなくなるのもちょっと残念ですね。
あの滑稽なマンガ付きDMは、当該こどもチャレンジをやっている人の家には届かないでしょうから。

このようなマンガ付きDMが届くのです。

f:id:risazonamoshi:20170225155439j:plain
f:id:risazonamoshi:20170225155440j:plain
いやはや、いいようのないムカつきをおぼえるこどもちゃれんじマンガです。

f:id:risazonamoshi:20170225155438j:plain
とくにコレな。

小学生・中学生の時に、家に進研ゼミ(現ベネッセ)のDMが来ませんでしたか?

あの類です。
週刊少年ワロスにチャレンジを揶揄するマンガがあったように、実にチャレンジ独自色の強いストーリーでらっしゃいます。
(タイトルを忘れてしまったので、覚えてる方がいたら教えてください!)


そもそも幼児向けの学習全般に言えることですが…
そんなのやるヒマあんの?
自分の家庭の様子を考えると、全然そんなヒマありません。
チョー忙しいんですけど…。


よく、
「忙しいのは当たり前で、なんとかして時間を作るんだ!」
みたいなことを言われるのですが、それやったら確実に寿命が縮みます。

悪いけど、私の寿命はそこまで来ています。
私と同世代のババァも、寿命削るのはどうかと思いますよ。

子どもに学習をさせようと思ったら、もちろん親も学習しなければなりません。
勉強しない親が、子どもに勉強しろって言っちゃいけないですよ。
習い事もそうだし、整理整頓も、交通ルールも、みんなそういうもんです。

たまたま子どもが才能と呼べるようなものを発揮するようなことがあれば、とても幸運なことです。
でも基本は、子どもに苦労を背負わせるなら、親もしっかりやんなきゃダメでしょー。

子どもに「ずるい」って言われちゃう。

↓たしかにチャレンジの漫画ってアレよねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク