読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。子の教育資金にあえぐ。

病気になりすぎ。やっぱワーキングマザー続けてくのは無理かもしれない

昨日、義実家に行って、体調不良で寝込んでしまいました。

「あー、また義実家のカーペットで寝込んでしまった。
 毎回こうじゃんか…」
って反省していたんですが、そもそも休日は寝込むのがデフォルトなので、元気に過ごすほうが難しいんじゃんね(爆)。

病気になりすぎです。
子どもじゃなくて、私が。
子どもの病気の頻度は、双子としてはおそらく「並」。

この連休、引いていた風邪が治りかけていたと思ったら、さらに重い症状の新しい風邪をひきました。
数年前まで、「同時に複数種類の風邪をひける」なんて知りませんでしたよ…。

「歳を取ったら」「産後で体力が落ちて」というにしては、あまりに弱りすぎです。
そもそも産後って、産後3年くらいたつじゃんね。

原因はやっぱり心筋症です。間違いねえな。

体力・免疫力というものがガックリと落ちて、常人ではあり得ない頻度で病気になっりますね…。
退院したし、常時の服薬もなくなったけど、結局は元に戻れなかった。
(相変わらず、検査をやればもれなく異常値)

心臓病や悪性腫瘍をやると、その後
「命にかかわるから、風邪をひかないように気をつけろ!」
って言われる人もいるんですけど、言われてなくてよかったです。

駄菓子菓子。
目下、「風邪が寿命を縮めている危険性」と「再発の引き金になりそうな気配」をひしひしと感じております。比喩でなくそのものズバリで胸が苦しい。
さすがに明日は生きてると思いますし、再発しても搬送先の病院がいいところなら生還できます。(たぶん。)

それはそうなんですけど、いつかコレ、トトロのお母さんみたいに「風邪だといわれていて入院してそのまま…」って子どもに泣かれるパターンになりますね(爆)。

 これほしい。

はー。
病気の頻度が異常です。
働く気はあれど、現実的にワーキングマザー続けてくのは無理かもしれません。

比較的しっかりした会社なので、「病気→即クビ」とはなりませんけれど、休職してたらそれは「ワーキ"ング"マザー」じゃないですよね。
ingできてない。

でも、無理して突然死するよりも、病欠(有給休暇)や休職という制度を利用しながら寿命を延ばせるように頑張らないと!
突然死は避けたい!
会社から救急車→そのまま帰らぬ人、とかも避けたい!

病気もちワーキングマザーの皆さん、突然死しないように頑張りましょう!!!!

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク