半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。えんやこら貯めてみせるぞ教育費。

「自称」フリーランスのママさんが、実際にはただ単に働いてない人だっていう件

先日、保育園話題でちょっと物議を醸しだしたものがありまして…。

「自称」フリーランス(個人事業主)のママさんが、実際にはただ単に働いてない人だっていう件なんですけどね、ハイ。
(もちろん、キリキリ働いている自営業ママさんがほとんどでしょうが…)

自称フリーランスのママという存在には、ちょっとばかし悪知恵がきく専業主婦なら、驚くほど簡単になれます。
旦那にそれなりの稼ぎがあって、「専業主婦でもどっちでも」という財政状況なら。

んでもって、自営業だと申告し、子どもを保育園に預けて自由時間を満喫。
(実家が農家や家族経営の会社でも、こういうことが可能)

こういう自称フリーランサーというのは、「社会の役に立っているけれど儲からないまじめな仕事(介護士や保育士)」とは対極です。

私は介護士や保育士といった職業を尊いと思っておりますので、自称フリーランスで実際にはロクに働いてないママとかいけすかないです。

これが、小学生ママとかだったら、
「儲かるも儲からないも自分次第なんだから好きにすれば?」
という感じなんですが、保育園では勝手がちがいますよ。

昨今の保育園事情は言わずもがな。
自称フリーランスで実際にはロクに働いてないママが保育園に申し込んだ時点で、貴重な枠がムダに使われることになってしまうんですよ。

だったら、まじめに働く人のために保育所が活用されて欲しくないですかー?

↓そうねボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ