半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中のワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。えんやこら貯めてみせるぞ教育費。

小説家になろう→みんな優しいのだなと実感した。

「小説家になろう」や「アルファポリス刊(書籍化したいブログを大募集!【アルファポリス】 のところ)」といった人気web連載小説。

「この作品が面白い!」という評判で読みに行くと…

 

異世界トリップ(別の世界に突然飛ばされてしまう)や転生(生まれ変わったら別世界)ものが多いです。

 

そういう小説のお決まりパターンは、

「現代日本にいた自分の知識を応用して、新しい世界で役に立つことをする」

なのです。

 

ほんとに、このパターンの作品が人気!

 

ってことは、多くの人の理想が、

「ここではないどこかで、何か役に立つことができたらうれしい」

ってことなんですね。

 

なんだよ、優しいじゃないか(笑)。

 

思い当たる節、ありません?

あるあるある。

 

日本で生活していて、近所の貧困家庭にポケットマネーで月1万円あげたいと思いますか?

それはちょっとなー、って気がしますよね。

 

でも、

「あなたの手元にある300ポイントが、発展途上国でワクチン〇本分(すごい)になります」

「そのポイントを寄付してくれたら、あの国の災害復興のために(すごい)できます」

って言われると、

「じゃあ、このポイント使ってすごいやつお願いします」

って気になる。

 

この国ではないどこかの国のほうが、断然役に立っている気になれるし、やってて面白い。
日本円の価値のおかげで。

 

 

先進国って、途上国から見ればナメック星でのフリーザ軍の戦闘能力インフレーションみたいなもんじゃないですか。

フリーザ軍に在籍してたら、ラディッツやナッパがザコなんですよ!

 

でも、ラディッツやナッパは、桃白白(タオパイパイ)よりず~~~っと強いのです!!

あのタオパイパイよりもですよ、タオパイパイ!

 

 小説家になろうやアルファポリスで人気の、

「ここではないどこかで、何か役に立つことができたらうれしい」

という気持ちからの応援、いいと思いますよ。

 

暴れん坊将軍しかり、スーパーマンしかり、人間とは昔から弱きを助けが好きなのです。

「小説家になろう」や「アルファポリス刊」は、おなじみパターンが増えすぎて特色がなくなってきたのが残念です。

でも、どんどん進化してほしい。

面白いものがこれからも出てくるはずです。

↓そうね~ボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 双子へ にほんブログ村 その他生活ブログへ

PR