半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

それって仕事中に遊んでるだけなんじゃないの?:上がしっかりしていないことの弊害

あのね。

ネスカフェアンバサダーに代表される「コーヒーマシーン」って、震災時には電源落としてから避難しなくちゃいけないんだって。

うちの会社にも、あのネスカフェアンバサダー(ネスレ日本 専用カプセル式コーヒーメーカー )があるんですけど、震災があったら電源を落とさねばらなないというのです。
理由は知らない。
でも、会社の避難訓練のシナリオに書いてあった(笑)。

実際に大地震が来て避難するってことになったら、コーヒーマシーンにかまっている余裕はないような気がするのですが…。

いやむしろ、今後コーヒーマシンが多機能化して、
産業スパイをやっつけたり、
コンビニのだったら強盗を撃退したり、
非常時だからこそ役立つような機能がつくかもしれないじゃん?

電源は、落とさない方がいいんじゃないかなー。
…とまで思っているアホな私が納得するような「震災時には電源落とす理由」を知っている人は、twitterで教えてください。

ねーほんとに。
夜中にコーヒーマシーンがポルターガイストよろしくガッタガッタ騒ぎ出したら、泥棒なんてビビって逃げますわな。
さらにコーヒーを噴射したり、マシーンが立ち上がってロケットパンチとかしたら、すごくいい!

オフィス用のネスカフェアンバサダーも頑張ってほしい。



んでさあ、前置きが超長くなったけど、避難訓練なんだよ話は。

うちの会社の防災避難訓練が、しまらないんだわ。

皆でそぞろ歩いて、建物から外の集合場所まで歩くというものなんですが、最後にトップからの講評があるのです。
それが、しまらない。

やっぱさ、
「会社皆で気を引き締め、大災害を乗り越えよう」
とか
「有事の際にはいち早く復興して、地域社会に貢献を」
とか、熱いことを言って欲しいんですけど、どうにもしまらないのです。

ゆるさのレベルでいうと、PUFFY(パフィー)みたいな感じです。
「近頃私たちはいい感じ」なザマで災害避難するアホがおるか!

うちの会社はグループ企業なので、親会社の意向によりトップは割とコロコロ変わります。
そうすると、防災避難訓練が「しまるトップ」もいれば、「しまらないトップ」もでてきます。

う~~~ん(-"-)

防災避難訓練がしまらないと、
「避難訓練なんて、キャーキャー言いながら外に出るだけでしょ。
 それって仕事中に遊んでるだけなんじゃないの?」
ってことになっちゃうじゃないですか!


もしかしたら、比較対象をもっと広げてみると、現在の「トップのお言葉」も世間一般からしたらわりとイケてる方なのかもしれません。

駄菓子菓子、歴代トップの中に「めちゃめちゃ避難訓練がしまる熱い講評をする社長」がいたので、どうしてもその時と比べてしまうのです。

その熱い講評の社長はどういう人だったのかというと…
過去に大地震を経験した人でした。

言葉の重みが違う、とでもいうんですかね…。


でも、我々だって東日本大震災を一応のこと経験しているのです。
当該、この社屋で。
社屋の住所は、もちろん東日本にあります。

甚大な被害を受けた東北地方や、津波の到達した房総ほどではありませんが、それでも東日本。

だのにこのしまらなさ!
ウエーン(TロT)


やっぱり、避難訓練は「遊んでるだけ」にならないよう、しっかりしめて行いたいのです。

↓そうね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

PR