半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

ダメ夫には第三者機関が介入して懲罰を課すべきではなかろうか

ダメ夫の一例として。

「俺の健康診断の数値が悪いのはお前たちのせいだ!」
「お前が食事を用意しないなら何でも食い散らかして死んでやる!」
「食うものがない。死ねというのか」
等々と、自身の健康(?)を人質にする男がいますよねー。
死んどけ。
保険金がガッポリ入るようにして、死んどけ。

q(´ー`)

とはいえ、暴飲暴食偏食・生活習慣病、ポックリ死なずにダラダラダラダラと、いつまで~~~も周囲に迷惑をかけ続けるんですよコレが。
超絶迷惑。

配偶者はママじゃねえっつうの。
テメエの世話はテメエでしろ。

先日、奥さんが切迫流産になったときに、医師が旦那さんを諭したときのお言葉というものTLで拝見したのですが、医師のような立場の人からズバッと言ってほしいですよね。

切迫になったとき、主治医から
「ご主人は自分の世話は自分で出来るし放っておいても生きていけます。
 赤ちゃんはまだ1人では生きていけないので、お母さんは赤ちゃんを優先するのが当たり前です。
 ですよね、ご主人?」
と主人の前で言ってくれた。産後の今もこの発言は効いてる!感謝しかないぜ先生!


本来であれば、10代後半の男子でも、超余裕でメシを自分で調達できるはずです。
実際に、親元を離れている男子大学生はそんなもんでしょうし。

駄菓子菓子、妻が重病でも自分でメシの支度ができない夫が大量にいる!
それがこの腐った国・日本!


共働きでもそういう家庭がまだまだありますよ!
夫から1円ももらっていないのに、妻がいついかなるときも当然のようにメシを提供しないとグレるとか。


うちの夫に聞いてみました。
「このような男がいまだに存在するが、それは何故か」と。

「親に何でもかんでもやってもらってたんじゃないの?」
という回答でした。


うーん。
それも確かにあると思うんですが……、それだけでは説明がつかないことが多々見受けられるのですよ。

たとえば私の実父は、母親(私にとっての祖母)がシングルマザーで、あまり世話をされずに生きてきたのですが、自分のことが自分でできません。
(祖父は早くに他界)

それから、今まで一人暮らしで生きていたくせに、結婚したとたんに全部ヨメにやってもらおうとする男
いますよね~~!


ダメ夫については、ヨメ側がギャーギャーいっても変わりません。
とても残念ですが。

「人間としての善くない行い」に相当するのですから、前述の医師からのお言葉のように、いっそ第三者機関が介入して懲罰でも与えてくれたらいいんじゃないかとすら思います。
…育児憲兵?

苦労している女は多いぞ~~~~。

↓そうね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR