半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

苦手な女の人

女子力の高さは料理やガーデニングで発揮すればいいのに。

ドーモ、オハコンバンチハ。
私の女子力はマイナス(実質的にオッサン)ですが、みなさまはいかがでしょうか?

かねてより公言しております通り、私、ママ友ランチ会や幼稚園送迎後のママ友井戸端会議といったものが至極ニガテです。
ああいうものを好むのが「オンナ全開」とされていますから、女子力がツンドラ気候な層になじまない風習であるのはしょーがないでごわす。


女子力の高さも、料理やガーデニングやファッション雑貨で発揮されれば、見せられた側も
「はは~~~っ!(平伏)
 ありがたき幸せ」
となれます。

心がオッサンでも、恩恵を享受できるのであります。
手作りスイーツや家庭菜園の合法ハーブには、無条件降伏です。
ありがたや、ありがたや(^q^)

駄菓子菓子。
ママ友ランチ会、ママ友井戸端会議以外にも、いわゆる「オンナ全開」の行為が諸々あるではないですか。

先日、オンナを全開にされる方とご一緒してしまう機会があり、すごく疲れまーしーたーよー(´Д`;)

なんか、「女子中学生」みたいなスピリッツの持ち主でした……。


「女子中学生みたいな」、も、女子力は女子力ですよ…。
女子力を長時間煮詰めて出来上がった、ドロッドロの女子力です…。

私の女子力測定スカウターってポンコツなもんで、ザーボンさんのスカウターみたいに爆発しちゃいます。

実際の中学生だったら学年という明確なわかりやすさと序列がありますが、成人の世界にもちこまれると、これがまた厄介なことになると思いませんかね。
子の年齢、何らかの組織への加入年、仕事、趣味、等々等々。


私ははからずも「幼稚園送迎後のママ友井戸端会議に自動車が突っ込んだ交通事故」のニュースヘッドラインを目にしてホクホクしてしまったくらいのダメ人間なので、女子力がとっても苦手なのです。

恵んでもらう食べ物がおいしいタイプの女子力は歓迎ですが、ドロドロに煮詰まった臭い女子力汁はノーセンキューなのです。

実のところは、「ママ友ランチ会や幼稚園ママ井戸端会議がイヤだ」と公言すると、拍手喝采なので、余計な女子力が嫌いなのは私に限った話じゃあないのよ~~。
ホントに。

「あんなに楽しいママ友ランチ会を否定すなんて、信じられません!」なーんて、言われたことない。


ママ友ランチ会、
幼稚園ママ井戸端会議、
そして女子中学生スピリッツ。

なぜこれらが「女子文化」として大いに発達しているのでしょうか?


これだけ「ムリ!勘弁!」という側の人間がいるというのに…。

私が常識なき異端児だという事実はもちろんありますが、マトモそうな女性だって、女子文化に対して「ムリ!勘弁!」と言っているのでござる。

論文があったら、ご紹介ください。

↓そうだよねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR