半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

女の子のママという役割が、ムリ


女の子のママという役割が、ムリ。

アイアム・野蛮人!
私は女の皮をかぶったオッサン!

女子力はマイナスです!
\(^O^)/パポーン!


いやね、先日、「女子力53万か」というくらいの、よそんちのママさんの女子力の高さにおったまげましてね。
(53万というスケールはフリーザ様の戦闘力に由来)

それが、「可愛い女の子」のママさんなんですわ。
名実ともに、「女の子のママ」という役割をまっとうしてらっしゃるのですよ。

うちみたいにビミョーな父親の顔面をコピー&ペーストペーストした一卵性双生児とは大違いのお嬢ちゃん、そして女子力のスケールの違うママ!!!
ナンマンダ、ナンマンダ。(-人-)


女子力が顕著に表れるもののひとつとして、飾り付けってのがあると思いませんか?

私のような女子力の低き者は、世の中の飾り付け的なものを「省資源に反する」「時間の無駄」と切り捨ててしまうのですが、女子力の高い女の子ママさんは違います!

ち ゃ ん と 飾 り 付 け る。
ちゃんと、飾り付けるんです。

できない。
私にはできない。
できないのは飾りつけだけじゃなくて、心配りやオシャレの類も全滅なんですけどね(爆)。


とはいえ、己の心がいかに無機質であっても、双子の女児の母であるということからは逃れられません。
生きているうちに、世の中の飾り付け的なものに代表される「女子力の要請」に絡まなければならないときが来ると思われます。

つらいぞ(笑)。

↓がんばれボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR