半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

我が家の住宅ローン事情と、女性がお金に恵まれていない現実からくる経済観念のしっかりさ


「私、住宅ローン背負ってません」
という「持ち家ありワーキングマザー」は、意外といる。

「家族の収入的に、住宅費用は夫が背負うことになる」、というのも一つの理由です。

が、それだけではない。
「私は若いころからきちんと貯金してたけど、配偶者が全然計画性なくてさー。
 あいつだけ金ないから、住宅ローンだよ」

というのも、あるのでゲス。

我が家もこのパターン。
前に集まった時、友達んちも同じことになってて、二人して笑った。


ということで、我が家の住宅ローン事情。
 私:なし。(現金支払い済)
 夫:あり。
です。

私も夫も、いい歳こいたオバハンとオッサンです。
でも、夫にはぜーんぜん、貯金が無かった。

私には全く家を買う気がなかったのに、夫が「家を買う!」と急に駄々をこねはじめて、本当に大変でした。
しかも、自分はお金ないから、私の貯金を全面的にアテにしていたわけですよ。
このことは絶対に許さない。

こういうクソガキな男がたくさんいるから、世の中の未婚率が廬山昇龍覇(ろざんしょうりゅうは)みたいなことになるんじゃないのか。


それにつけても現代社会。

「可処分所得がどんどん減っているというのに、持ち家新築分譲幻想(ファンタジー)をたきつけてくる」という矛盾、いつまで続くんでしょうか。
住宅ローンなんざ、無いに越したことがないし、少なければ少ない方がいいと思うんですが…。

お金がないなら、安い物件に妥協するとか、持ち家という選択をしないとか、いろいろあるではないですか。

私は、小ささや古さで「安い」という物件に住んで、節約しながら暮らしてる人のこと、とても好きなんですよ。
そういう暮らしにあこがれるし、できればそうありたい。


女性って、統計上の平均収入を見ればわかるとおり、同世代の男性と比べてお金に恵まれていません
しかも、再就職のチャンスが少ないとか、さらに子どもがいたら職に就けないとか、厳しい現実ばかり。
残念ながら、これが社会です。。

だからですかねー。
まわりの女性は、みな、経済観念がしっかりしています。
冒頭の友達も、また別の友達も。

独身でも、お金をちゃんと貯める。
住宅ローンがあるなら、きちんと返済しながら家計を立て直していく。
堅実。

人の稼いだ金でいい加減な寝食をまかないテキトー家事と偏向育児でドヤ顔ニートしてる女なんて、激減したじゃないですか。
正直、こういう女、リーマンショック以前はぎょうさんおった。

housewife.blogmura.com


私はまじめに働き、しっかりした経済観念を持つ女性たちがやっぱり好きです。

心で尊敬と応援のエールを送りつつ、自分自身もまたモチべージョンを維持させてもらっています。
がんばんべや!

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR