半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

双子にきょうだいという感覚があるのか?という疑問にお答えする


双子親は、わりといます。

とはいえ、双子の出現率は出産に対して1%程度ですから、珍しい部類ではあります。

よく聞かれるんですが、
「双子にきょうだいという感覚があるのか?」
「姉、妹、という意識があるのか?」
と。

これについて、「我が家の場合」でお答えするでござる。
(双子といっても十世帯十色(十人十色)でござるが)


双子に対して
「チミたちは双子だから、姉とか妹は関係ありません。
 双子は双子です」
と教え平等に接していても、双子は周囲から「一般のきょうだい概論」を得てしまい、きょうだいとして振る舞いたがります!


我が家の場合は、長女は姉っぽく、次女は妹全開で振る舞っています…!

なんてこったい(´Д`;)

子どもらももう4歳児の年度ですから、周りには「同じ保育園内に下のきょうだいがいるお友達」が存在するのですよ。

そうすると、下のきょうだいというのが、めちゃめちゃ可愛がられる。
「○○君の妹が小さくて可愛い」
「○○ちゃんの弟が甘えんぼで可愛い」
等々、等々。

するとですねー、我が家でいうと次女ポジションの女児が、
「次女は妹なの!
 かわいいの!
 優しくされるべきなの!!
 甘やかされるべきなの!!!」

と、妹であることを猛アピールしてくるのです。

ええ、猛アピールです。

毎晩毎晩、
「い も う と ーーーー!」
って、叫んでます。ハイ。

「いやいや、チミの場合は双子だから」
と説得を試みるも、次女の妹アピールはスピードが緩むことなき暴走特急です。

暴走特急は危ないですよ。
機関車トーマスでしばしばみられる脱線劇に発展しかねません。


ふー。


双子育児がしんどい時もありましたが、そのたびに私は三つ子様・四つ子様という存在に励まされてきました。
三つ子は、絶対に双子よりも大変。
双子など、序の口。


産むときもハンパない母体ダメージだろうし、産んでからだってモチノロンでの大変さですとばい!

双子出産でリアルに死に掛け、目下、双子育児に体力の限界を感じている私としましては、三つ子・四つ子のご家庭は「人知を越えた神に限りなく近い領域」なのであります。
拝。

www.obake-jp.com

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR