半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

この縛りがあるから、いつのまにか心が暗くなっている?税の天引きがしやすいサラリーマン。


もうすぐ確定申告の準備ですね。
(医療費控除で毎年やる)
毎年、い~~~~っぱい、税と社会保険料を引かれちょしますね!

いろんなところで騒ぎになっていますが、ホントーに、サラリーマンという職業は税と社会保険料の天引きがしやすいです。

自動的にシュパーンッともってかれてますから、
「働けど働けど、生活は楽にならず」
「無駄遣いしてないのにお金ない、意味わからず」
って状態です。


サラリーマンの給与額が、月給20万で、夏冬のボーナスが30万円ずつ出ると、合計年収300万円です。
こうやって月給とボーナスを書くと「おお!?かなりの戦闘力じゃないか!」って気がしちゃいますけど、実際年収300万円だと生活は楽じゃないですよね。
家庭を持つとなると、300百万円どころか、400万円あっても、住宅費や子どもの教育費に大きく苦労します。

その一端って、やっぱり税と社会保険料?
個人的には、食べ物の値段が一番大きいと思いまするが。


でね、そんなサラリーマン(広義で給料をもらって税金を引かれている人)なんですが…。

私は短大出てからずっとサラリーマンです。
が、20代のころの交友関係を思い返すと、必ずしも「社会人=サラリーマン」ばかりではなかったのですよ。

その後、結婚したし子どももできたしで、交友関係が縮小・限定された影響もあるのですが、気が付くと周囲がサラリーマンだらけになっていました(爆)。
(もちろん旧知の友には専業主婦もいますが)

うーん、狭い世界だ。

んで、サラリーマンが集まると、税と社会保険料の愚痴が出ちゃうことが多いわけです。
景気のいい話?
聞くわけないでしょ。

サラリーマン同士のつるみって、あんまし明るい会話がないですね(苦笑)。

なんだけど、まわりにサラリーマンが多いし、サラリーマンになりたがっている人が多い。


ならば、私の交友関係で明るい話が聞けるのって、どこなんだろう…。
やっぱり日本全体が暗いのかな……。


と、辛気臭くなってしまいましたが…!

先日、出張先で外食をしたら、お店のオバちゃん(おかみさん)がめちゃめちゃ明るかったです。

外食産業の景気が良いという話は聞かないのですが、お店のオバちゃんはとても明るかったのです。

デパートのバーゲンセールで、選びに選び抜いたワコールの補正下着が何枚だとか、楽しく語らっていらっしゃいましたよ!

「お店のオバちゃんが暗い」というのは、飲食店にとって致命的だから、努めて明るくしているのでしょうか?

…でも、飲食店のオバちゃんが暗いことってのも、よくあるよね。
先日寄ったすき家のオバちゃんは顔が死んでた。

もしかしてココ、「自営業者のオバちゃん」と「従業員(サラリーマン)のすき家のオバちゃん」という属性の違いなのかなー。


残念ながら、その明るいオバちゃんの店は神奈川県ではないので、おいそれといけません(笑)。

たまには、努めて自分から、明るい話でもしなきゃいけませんかねー。

でも、友達同士のおしゃべりで、愚痴って大事ですよ。
あるべき姿と現状の乖離をとらえて指摘するのも、重要なことですから。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

PR