半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

私たちは頑張りすぎなんだと思う。


基本的に、キリキリ働いているワーキングマザーというものは、心にゆとりがありません。

キリキリ働いていないワーキングマザーの中には、心のゆとりがある方もいらっしゃるかもしれませんが。

あと、カネね。
金銭的に切羽詰ってると、同じように、心のゆとりなどありません。
基本、この国の庶民は生活資金にゆとりがありませんから、ほぼほぼみんな心にゆとりがないということですね!

うわあ(´Д`;)


これは頑張りすぎですよ…。
生活資金にゆとりもないし、もちろんキリキリ働いて育児も家事もしてるから時間もないし。

こんな状態でいつもニコニコしてる人なんてのは、宗教やってる人くらいでしょ。
特定の宗教を信仰していないとしても、こんな状況下でいつもニコニコ平穏にしているのだとしたら、その人、悟り開いちゃってるか、脳のネジが飛んでるから


駄菓子菓子。
頑張りすぎだからといっても、基本、我々には「頑張らない」という選択肢が用意されていないですね。
(`・ω・´)

「子どもが可愛いから、もっと一緒にいたい。
 心にゆとりを持って接してあげたい」
とか、思うじゃん?

だからって、誰が仕事減らしてくれんの?
誰も減らさねーっつーの。

もっと少ない時間だけ働きたいと思ったところで、そんな仕事どこにあるんだっけー?って状態です。
あったとしても、金と引き換え。
最低時給の短時間バイトでも見つかれば、まだいいほう。

今だって生活にゆとりがないのに、さらに収入が減ったら、どうよ?
収入が激減して金銭的に追い詰められて、時間ができたとしても、金銭からくる精神の圧迫でゆとりは崩壊です。


子育て世代において、「旦那が高給取りで妻は専業主婦で時間余ってる」なんて組み合わせは、もっと上の世代の話。
我々の世代には基本的にないですけんねー。


私たちは頑張りすぎなんだと思う。
つぶされないように、しなきゃね。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR