半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

働き方改革ってパートのワーキングマザーの給料を上げることに熱心そうなわけじゃなし


この人ちょっと私ににてる!(笑)
実際に似てると言われるのは東京島 [ 木村多江 ]ですが…


ワーキングマザーの労働力って、安く買いたたかれるものです。

以下、典型的な求人広告の例なんですがー…
新しくコンビニができるそうで、従業員を募集していました。
その際の時給がこちら。

6:00~9:00 1060円

9:00~15:00

960円
15:00~22:00 980円
22:00~翌6:00 1200円

深夜がお手当てつきなのはリョーカイなんですけど、相変わらず育児中の母親が働ける時間というのは、底値。
このコンビニは15時で区切ってました。
(神奈川県の最低時給は956円なので、刻んでこないだけ良心的なのか…
 956円できっちり最低時給を刻んでくる求人も、多数。)

これ、現代に限った話ではなく、私の知る限り20年以上前から。
私がバイトしてる頃から、育児中の母親が働ける時間帯の時給は、低かった。

小遣い稼ぎたいだけの学生バイトのほうが、生活をかけて労働に励む年長パート女性(=ワーキングマザー)よりも、時給が高いんですよ。
学生バイトの方が時給の分だけものすごい活躍を見せるのかっつーと、そんなわけはなく。
なーいないない。
パートさん方がちゃんとしてた。
若さと常識のなさには相関関係がありますんで、パートのワーキングマザーのほうがしっかりしていましたよ。


連日「働き方改革」について取りざたされていますが、そこで「パートのワーキングマザーが生活を支えていくためには!?」という議論が熱く交わされている気配って、ないですね。
どうなんでしょ。実はやってるんですかね?


労働というもの自体が「支配階級が肥えるために構築された社会システム」だから、こっから抜け出すのは容易じゃないっつーのは仕方がない。
我々労働階級は、働くしかないですよ。
(統治なくして各々が好き勝手にダラダラ暮らしてたら、1人1人が国家的な責任を持たなくちゃならなくなって大変なので…。)

駄菓子菓子、それにしても昨今の非正規雇用の多さと、ワーキングマザーの稼げなさと、国民皆がフルパワーの総労働しないと一世帯が生活できないという状況が、ヤバい。
ヤバすぎるぜ。
こりゃまるで、アンパン、食パン、カレーパンのトリプルパンチだ。(アンパンマンにはそういう必殺技がある)


それにしても、非正規雇用の時給のハナシ。
「パートのワーキングマザーは、いくら仕事ができても最低時給。
 ワーママの働けない時間は、バカでも高い時給あげるからね♪」
ってのは、すごく人の尊厳を傷つけるんじゃないでしょうか。

どー思う?
実際にバイトしてた時に思ったけど、20年以上前の価格で、
 パートのワーキングマザーが時給750円
 学生の夕方~19時のバイトが時給900円
これって、間を取ってALL800円台とかじゃ、だめだったの?

ダメだったから最低時給が上がったんでしょうけれども、いまだに思い出すたびに胸が締め付けられる気持ちですよ…。

それでも私のバイトしてたところのパートさんは、学生バイトに意地悪したりなんかしなかったし、困ってる時にいつも助けてくれていたのにさ…。


「労働力を安く買いたたく時間 = ワーキングマザーがパートに出られる時間」の完全一致って、どうよ?
これについてはまだまだ言いたいことがあるので、また今度!

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR