半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

私は庶民中の凡人なので元高学歴で現状に不満を抱いている人の気持ちを汲むのがちょっと難しいのですが


私は庶民で凡人です。

人生の歩み…学歴とか職歴とか持ってるものとか、そういうものも「いかにも庶民の中でも平凡だね」という感じです。

なので、元高学歴だったり、元一流企業だったり、なんかすごいものを持っていつつも「現状に不満を抱いている人」の気持ちを汲むのが、ちょっと難しいのです。

みなさんも幾度かこういう経験あると思うんですけど、
「私が今、何でこんなに低いポジションになっているの?
 あなた凡人のくせになんでそこにいるの?」

って難癖が、飛んでくるんことがあるんですよねー。

我々凡人からすると、
「「知らねーよ」」
ってな感じですよー。

こちらの凡人からすると、凡人なりに堅実に生きていこうと努力は現在進行形だし、どちらかというとソッチがコッチの事情と関係なく転落しただけ。
コッチがソッチのなにかを横取りしたわけでも、押しのけたわけでも、ない。

原因があるのだとしたら、それは社会情勢なんじゃないですかねー。

その不満は社会に対して提言すべきであってさ。
その辺の凡人・つまり私なんぞをつかまえて恨み節になられても、知ったこっちゃないのですよ。


こういうのって、社会に出てから3年以内の時期に、第一次ブームがありませんでした?
やんなって会社辞めちゃって転職先が決まらない・納得いかないという人から。

あと、リーマンショックみたいな不況による一斉雇用整理時にも。

ただ、山場みたいなものはそれ以外にも出てきます。
これが目下この時期で、「母になっても仕事を継続できたか否か」

ただ、目下のホットポイントは、以前の難癖とは違うなー、ということを、肌で感じています。

駄菓子菓子。
実は、
「私が今、何でこんなに低いポジションになっているの?
 あなた凡人のくせになんでそこにいるの?」
という苦情、直接受けることがあんまりないのです。


苦情を持っている人は、ちゃんといるんですよ。
でも、個人に対して難癖をつけに来る人が少なくなって、一種社会への提言のようにSNSで叫ぶ人が増えたように感ずるのです。

社会派だな、現代の母たち!
さすが晩婚化・高齢出産化のババァ、年の功だ!(笑)

ってことは、「文句言わずに我慢してる人」ってのは、少ないかもしれないですね。
我慢せずにシュプレヒコールを上げているのなら、なお良しです。


昔はこういうのを「婦人運動」なんて呼ばれていたけれど、現代ならなんというんでしょうね?
「保育園落ちた、日本死ね」に代表される、ワーキングマザーによるロダンのタビデ像の一石。

私は難癖をつけに来る人よりも、SNSでいいから社会へ提言する人が好きなので、応援しています。


ただ難癖をつけてこられると、
「「知らねーよ」」
ってな感じですけど、
「世とはこのようなもので良いと思うか!?」
と問われれば、呼応したくなるのが人情です。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
PR

<scri