半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

最低の親、その子どもとテレビとの関係


我が家では、親の都合でしかテレビを見せません。
厳密にはいわゆるテレビジョンではなく動画配信サービス…なのですが。
(アンパンマン見放題において最強・最安値であるdTV
【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題! で強い)

1本終わって、子どもが次の番組を見たいと言っても、私の都合次第でダメなものはダメ。
今日これから何を見たいと言われても、私の都合次第でダメなものはダメ。
何分の映画を見たいと言われても、私の都合次第であって、視聴時間は子どもが決めるものではありません。
我ながら最低ですな~。

だってさ、テレビなんて、親が手が離せないときにデコイ(囮)として使うモノではないですか。

親「お邪魔だからあっち行っててほしいな。
  そ~れテレビだ、ポチっとな!」
子「「わ~い、テレビだ~!」」ピュー
です。

チャフです。フレアです。


そして。
こちらとしての手が離せない忙しい時間が終われば、テレビは終了です。

子どもたちはめちゃめちゃ怒ってますが、そんなものは知ったことではありません。

子どもの人権?

ないね。ナイナイ。
つーか、テレビごときで人権を語っていいほど、世の中甘くない。

親が法なのです。

「子どもは必ずチャイルドシートに座ること」というのは道交法で決まっていますが、よしんば道交法にこの記載がなかろうとも、親が座らせると決めたら、子どもは絶対にチャイルドシートに座らなければならないのです。

すべては、親の都合。



なお。
「テレビ」イコール「手が離せないときにデコイ(囮)として使うモノ」というのは、保育園でも実践されています

テレビ、保育園で、フツーに夕方、見せてますね。
行きつけの保育園2箇所のほか、見学に行った保育園・保育ルームでも使われておりましたので、やっているところは多いのかと。

夕方、中途半端な数で居残る園児どもと、クロージングに向けてあわただしくなる保育士。

「手が離せないときのデコイ(囮)」としてのテレビが、ここぞとばかりに大活躍です。

すごいね、テレビ。
テレビ1台で、瞬間的には数十名単位で幼児を捕縛することができています。


やっぱテレビは、大人の都合で運用ですよ。
うんうん、それがいいね。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR