半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

ワンオペ育児なんか全然ラクだよ、なにいってんの。それよりも邪魔されるから大変なんだよ!

最近、「ワンオペ育児」というワードは、こういう格好をした「専業主婦or実際働いてない自営ママ」が文句ブーたれてる時に登場するように感じてきました。
十中八九、VERYのせいですが。


ワンオペ育児は、ぶっちゃけラクですよ。
本当にワンオペで育児+仕事+自分のことだけなら、全然ラク。


駄菓子菓~子。

世間で「ワンオペ育児が大変だ!」といわれる理由には、
 ・育児を邪魔してくる奴
 ・子どもみたいに手のかかる奴
 ・兎にも角にも腹立たしい奴
の存在があるではないですかッ!

The King of 邪魔者=配偶者。
配偶者は、最大のエネミーです。


ワンオペ育児において、育児で役に立たない・むしろ邪魔な夫というのは、精神衛生を悪化させるだけの存在です。

ワンオペ育児についてモノ申している奥さんを見ると、たいていは、
「むしろそれ、旦那が存在しないほうがいいよね!」
と言いたくなうようなご家庭が多い。


うちの夫はかなりイクメンぶってる部類に入るのですが、それでも「いない方が楽だわ~」と思うことが多い。

夫のエサ作るのとか、夫の時間管理をするのとか、暴走をいさめるのとか、超めんどいです。
夫が出張でいないと、ホント楽です。

金銭面?
どちらかというと奴のせいでbigに損を被っている部分があるので、むしろマイナスの印象が強いですね。


なので、世の中の「ワンオペ育児が本当につらい」と心情を吐露なさっている奥様方におかれましては、そのつらさ、いかほどばかりかと。


ただ、ここで「男がクソだから結婚しない」とか「あんな奴の子どもはいらない」とか言い出しちゃうと日本が滅びます。

男全般というものの、だらしなきの多さや重犯罪率の高さは昔からです。
「#クソ女オブザイヤー」はちっともはやらないのに、「#クソ男オブザイヤー」がこれでもか!これでもか!というほどに出てくるのは、とても自然なことですね。


妊娠と出産と育児と勤労と納税とetc、なにもかもをこなすようになった現代女性は、立派なゴリラに進化していっています。

男は?
ねえ、男って、どの点でどのくらい進化してるんですっけ?

とりあえず日本政府が、「この世のクソ男率を低下させる対策」をしたらどうなんですかね。

この世にはクソ男がぎょうさんおるよ!!!

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR