半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

全然もうからないよねー


商品やサービスの利益って、
金持ち向けのぜいたく品は厚くって、
生活必需品は薄いよね。



そんなところでみなさん、もうかってますか?

ノーノー、ノノンノン。
全然もうかってないよねー。


しかもこの先、さらにもうからなくなってくる気配がビンビンに伝わってきます。

いまもう格差の問題でワーキングプアっぷりがOECD最下位の日本ですけど、これが全然改善する気配ないじゃないですか。
利益…つまるところももうけは、「金持ちほど厚く、平民ほど薄く」に拍車がかかります。


昨今、スーパーに置いてある食料品やら、ドラッグストアに置いてある日用品やらが、どんどん高くなって、生活費が瀕死です。

我々の心は深い傷を負っています。

駄菓子菓子!

スパーもドラッグストアも、それらの商品の生産者も、儲かってないと思いますよ。

我々が財布から出ていく金に心を痛めているのと同時に、
生活必需品を作っているみなさんも、利益の薄さ(もっと言うと収入)に心を痛めているのだとお察しいたします。

だから、「野菜の値段が高い!」といって、怒りの矛先を農家やスーパーに向けるべきではないなー、と。
農家やスーパーも、利益が出なくて、困っているはず。


商品やサービスの利益の話になると、必ずと言っていいほど
「売れて利益の出る商売ができないなんて、頭の悪い奴らの自業自得だろ」
という人がいます。

駄菓子菓子、コレ、そういう限度を超えてますよね。

少なくとも我々は、「先進国の中で最下位になれちゃってる社会」に生きる、「頭の良さでは上のほうのランクに行けてる国の民」なのですから。
(日本はOECD教育ランキング4位、Gazette ReviewによるIQランキングは3位)


さあさあ、物の値段はこれからもどんどん上がるぞ~。

どうする、我々庶民。

ちなみに私は、お財布事情がさらに厳しくなることが確定したので、病みそうです(爆)。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR