半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

実際問題、非正規ママはいくら稼げるのか?


実際問題、非正規ママはいくら稼げるのか?


月収12万(年収144万)でも健闘してますよ。

時給1,000円×1日6時間労働×月20日=月収12万。



うちの会社、時短で働いてるママさん多いです。
8時間が定時で、▲2時間の「6時間労働」とかね。
(逆に時短じゃないのが珍獣になってて、それもどうかと思いまするが)

ということはさ。
これが非正規だったら、月収12万(年収144万)でも「健闘してる」ってことなんですよ。
時給1,000円計算だから。

時給1,000円、最低時給よりだいぶ良い。
それでも月収12万円の年収144万円。


よくジジババが、老齢年金の額で文句ブー垂れてるじゃないですか。

「おいおい、働かねーで十何万ももらっといて何言ってんだドアホ!」
って感じですよね。正直。

だって、幼児抱えて頑張ってあらんかぎりの力を振り絞った労働で健闘している女性の収入が月収12万円ですよ。
税引き前所得で!

シングルマザーの貧困問題は、コレそのものズバリです。
ワーキングプアにおける、最重要課題。

ついでにここで言っときますが、シングルマザーに文句がある奴は、世の中のクソ男を全員駆逐してから語れ。
クソ男の存在がなければ、大多数は解決できる問題です。


話を年金の額でガタガタ言うヤツに戻そう。

働かないで年金を十何万ももらえる奴が、実際に、
「これは私が努力して収めた成果だ!
 それがこんなに少ないなんておかしい!
 ふじこふじこ」
と言っているのですが…

そういう人間が、本当に努力して収めた成果なのかは、甚だ疑問。
単に時代の波に流されて、運よくそうなっただけなんじゃないの?


しかも、ジジババでいうと、あの人たちの現役時代は、今の我々なんぞよりもだーいぶ経済的に恵まれていたのですから。

もっと下の世代、つまり、我々や我々の子どもたち、未来、もっと暗いよ。
めっちゃ貧乏だよ。



月収12万、年収144万で上級。

残念ながら、ワーキングプア諸問題がすぐに改善されるような気配はありませんから、この金額で生きていくしかありません。

だれも助けてくれないのなら、せめてこの金額で生きていく実践方法は提示されないのか?
さもなくば、今日を乗り切れません。
私はそれが、世に必要だと思うのです。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR