半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

入園・入学シーズン、新顔ママがオバサンばかりの異常事態発生中!


入園・入学シーズンです。

新しいママさんとの、出会いの季節です。

なんかね、
これもう、異常事態だと思うんですけど、
乳幼児ママが、たいていオバサン。

実録、本当は怖い高齢出産 妊婦の4人に1人が35歳以上の時代


新顔の乳幼児ママがオバサンばかりという異常事態宣言です。
今年たまたま、とかじゃなく、毎年毎年。

そっから6年プラスしたら小学校ですから、小学生ママなんかもっとオバサンだらけ。


私自身が高齢出産なので、
「高齢出産は人様(主に医療機関)に迷惑をかけてしまうからよくない」
「世間に対して申し訳ない」
と思うことしきりです。

駄菓子菓子、世の中、同じような高齢出産のオバサンたちが跳梁跋扈しているのです。

ナンデダヨー。
ヨクナイヨー。

35歳以上が高齢出産の定義なんですけど、この近辺や、さらにアッパーな年齢で産んでる人が、多いのなんの!
あと10歳くらい若く、そう、25歳近辺で産んどけよってハナシです。

これは、人間という生物として、ダメですよ。
35歳に出産させるのが当たり前だと思ってちゃ、イカン。

どんだけ女に無茶させてるんだって話ですよ。
生物学的に見て、アウト。アウトオッ。


35overなんてさ、ぶっちゃけもう人間の顔してなくて、ゴリラの顔ですよ。
私もゴリラ、あなたもゴリラ。

あー…女の多い職場の仕事風景とか、保育園の送迎時間帯って、まさしくこんな感じだわ(爆)。

 

だから当たり前に、日本がゴリラパーク。
ウェルカムトゥ、ようこそ、ゴリラパークへ。

そんなんヤでしょ。

もっとさ、サーバルキャットとかさ、ペンギンとかさ、キツネとかさ、いろんな仲間がいて欲しいじゃん!


私は日常的に、子どもたちの顔を見ながら、
「ゴリラの子に産んでゴメンな」
と、心中で謝罪しております(爆)。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR