半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

給料下がったよ!があるあるの4月。


よく「給料上がんないね~」と言いますが、その実、給料はよく下がるものなのです。

4月なんかね、年度の切り替わりだから、よく下がる。
下がる下がる。

売り上げが上がったとしても、給料は下げたい。
それが会社というものです。



給料を下げる理由って、全然「経営悪化」とかじゃないですよねー。
会社はいつだって、人件費削減したいもんねー。

従業員にばれないように、実質的に賃金下げ。
このムーブメントは、もうだいぶ前から取り入れられています。


10年・20年前の平均年収と比べて、我々の収入は減っています。
この話は、だいぶ有名になりました。

でも、まだ「生涯賃金」にメス入ってないよね?

生涯賃金、ヤバいよ。
コレ、ものすごい減りましたよ。

将来もらう給料の額がわからないから実感できないけど、少なくともウン千万円単位で減ってます。
それは間違いない。

会社はもちろん、
「従業員の生涯賃金を計画的にわかりにくく下げてやったぜ!
 正社員の採用をやめて、安く使える非正規を増やしたぜ!
 人件費削減、アッハハハ~♪」
ですよ。

経営悪化してない会社でも、フツーにやってます。


「生涯賃金」というと、深い関連がある(とまことしやかに言われている)のが、大学進学。

お国は、
「大学のような高水準の教育は生涯賃金を上げるためのものだから、そこに支援はしたくない。
 親が切り詰めるなり、奨学金で借金するなりして、自分で努力してください」
とよく言います。

大学、行っても行かなくても、生涯賃金高くならないんじゃないのかな?
てか、生涯賃金なんか、だれも高くならないんじゃないかな?


そこんとこ、どうなの。

それにしてもキッツイわ、子どもの教育費。
貯蓄を放棄しちゃうと、大学の授業料がなくなっちゃう。
絶賛、生活圧迫中です。

↓そうねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR