半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

親のエゴ、それはディズニーランドに垣間見えるもの


ディズニーランドには、親のエゴが垣間見える。

こういうアンチ・ネズミーな発言をすると毎回嫌な顔をされます(笑)。


ネズミーってホントに面白いでしょうか?

もっと面白いレジャーはたくさんあるように思うのですが。
横浜ドリームランド(後述)とか、箱根彫刻の森美術館とか、江の島水族館とか、もっといっちゃえば漠然と海とか山とか。
 箱根行くなら超おすすめ。

幼少のみぎり、父親にネズミーを荒天決行されたことがあります。

小さかったのでアトラクションのことはよく覚えていません。
が、降りしきる雨の中、自分のカッパから滴り落ちる雨の粒と、荒天でもなお混雑の呈であるネズミーランドの濡れた道を歩き続けたことはよく覚えております。

ネズミー以外のレジャー施設の方が、オモシロカッタヨー。

オモシロカッタカラヨクオボエテルヨー( ̄ー ̄;)



もとい、遊園地。

遊園地とは、子どもの喜ぶ場所であります。

しかしながら、子どもといっても、あんまりチビッコだと、遊園地をエンジョイするよりもフラストレーションがたまってしまうことがありますよね。

そう、おなじみの「幼児期における身長制限」で乗れないアトラクションも多数あるからです。
ので、幼児本人としては納得のいかない気分になることもしばしば。

目の前にあるし、フリーパスを持っているのに、乗れない。
ストレスたまりますよー。


しかしながら、そこそこエンジョイできるアトラクションもあるなら、子どもにとって遊園地というのは楽しいものです。

横浜ドリームランドなんか、すっごく面白かった!
(横浜ドリームランドの跡地は、横浜薬科大学になりました。
 敷地内の画像を見ると、横浜ドリームランドの面影がたくさん!)

空いてるってところが、すごくよかったです。

だから、つぶれたんですけどネ。
客が少なくて。



さてさて。

「ネズミーは親のエゴだが、子どもを遊園地に連れて行ってあげたいぞ」
という気持ちがあります。

用事に丁度いい所といえば、そう、適度に人気がなくてしみったれたところがいいですね!


ということで!
小田原城の下にある遊園地~~~♪♪♪

って意気込んだのですが、3月は改装のため閉園中でした(爆)。

「改装終わったら、行こう。
 適度にしみったれているところの方が、面白い。絶対に。」

と再び意気込んでいたら、コーヒーカップが撤去されたそうです(爆)。

園内マップ・施設一覧-こども遊園地 | 小田原城【公式】

おお・・・おう・・・。
orz

↓元気出せよボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR