半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

節約生活☆年収90万円で東京で暮らす

どーもみなさん、家計で苦しんでますか?
もちろん、我が家も苦しんでいます(爆)。

4月って、さまざまな生活の変化があって、金銭的負担が増える事件が起きがちですからね。
(T-T)


ということで、節約ライフをお手本にするために、この本を読みました。
二宮町立図書館(相互利用)からの借り物。


年収90万円で東京で暮らす、独身男性のお話です。

「ニートの歩き方」のファさんも当たりだったんですが、この大原扁理さんも当たりです!

ファミリーの節約本ではないのですが、節約本というのは読んでて楽しいし、なにより自分の生活を見つめなおすいい機会になるのでござる。

んで、この年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]は、自分の力でつましく暮らしている、とてもいい見本なのです。
文章もやわらかくて、読んでいて人物に好感がもてます。

図書館ユーザーで野草ハンターってところも、すごくポイント高い!
私も子どもから手が離れたら、ぜひこんな生活をしてみたいです。

あと、税金や国民年金について正確に書いてくれたことも、すごいな、と思いました。
(著者の大原さんは、国民年金を滞納せず免除手続きを受けていて、エッセイの印税が入ったら払うという計画をたてている)

VERYによく出てくる「起業ママ」とか、「フリーランスという名の無職」をやっている人って、けっこう怪しいですからねー。
配偶者がいる人は配偶者のスネかじりの可能性が高いし、仕事したくなくて定収入の人は国民年金を滞納しまくっている

大原扁理おすすめです!
ファミリーの生活費の節約とは違うんだけど、考え方とか、柔らかな文章とか、読んでいて心地よいです。



駄菓子菓~子。

世の中には、親の資産・遺産で「仕事しないで節約生活」という名の「死後まで親のスネかじり」な本もあります。
途中まではいい感じだったんですが、遺産をしゃぶりつくす生態が明るみになった瞬間、がっかりしました。

遺族のスネかじるって、骨をしゃぶっているマンガ犬のような…

いや、マンガ犬は悪くないな。
ちゃんと自分で骨を拾ってきてるからな。


私は「自分で頑張っている人の節約生活」を応援しています。
「私も頑張るぞー!」って、やる気でるしね。

だからVERY(ヴェリィ)は嫌いで、サンキュ! は好き。

↓その気持ちはわかるボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR