半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

親として保育園の対応に納得いかないものがある / 奥さん、事件です


親として保育園の対応に、到底納得がいかない。

そんな事件がありました。

 

今週のお題「ゴールデンウィーク2018」

ゴールデンウィーク中に、「世間のカレンダーは平日だが弊社休業日」があったのですよ。

保育園は基本的に親の就業カレンダーにあわせた運用を求められるので、平日とあれども、親が休みなら、原則子どもも登園できません。
(一方、祝日が稼働日な職場ですが、そこは保育園休業日。
 断じて預かってもらえません)


ということで、
「平日なら海もすいているかもしれないぞ~!」
と、湘南地区某海岸へファミリーで繰り出してきました!



とはいえ、そこそこ混んでたんですけどね。

ジジババなんか一年中が休みだし、我々のように平日がGW休暇の人もいるし、なにより、保育園・幼稚園がプチ遠足として海にやって来るしで、実ににぎやか。

それでも、横浜市金沢区のGW名物「潮干狩り地獄」なんかよりは全然マシです。
トップシーズンと比べても、人は少ない。


そんなビーチで、奥さん、事件です。

プチ遠足にやってきていた保育園児たちが

全裸でビーチをうろつき始めたのです!!

パンツの1枚もはいちゃいねえのです。
フルヌードです。


一瞬、我が目を疑いました。
夫も、目を丸くして仰天しておりました。

でも現実。

最初は着衣の子どもたちも残っていたのですが、先生が叫び始めるではありませんか。

「ほら~、○○も脱いじゃいなさ~い!
 パンツも脱いで~!


瞬く間に、プチ遠足の保育園児集団が、全員フルヌードとなりました。

ガチのヌーディストビーチです。
30人くらい、いたでしょうか。

パンツを脱げと指示した当該先生は、ラッシュガードで完全日焼け対策してましたが…。


我が家の子どもら(長袖・長ズボン)も、ヌーディストの群れに、引いていました。


あの場所、全然、プライベートビーチじゃないです。
大衆向けに開放されたビーチ、つーか、ただの海ですから。


その場にいたよその大人たちは、みんな良識ある人たちだったので、
「アカンやろ…」
「見ちゃならんだろ…」
と、実に気まずい様子でした。
うつむき加減で磯のヤドカリなどをほじったり。


この場に変態がたまたまいなかったから命拾いしたものの、ダメでしょ!!
アウトでしょ!!!


…こういうことが行われていることを、あの子たちの父兄は知っているのでしょうか?

親として、あの保育園の対応には、納得いかないものがあります。


駄菓子菓子。

この海での事件以外にも、保育園では、公衆の面前で子どもをフルヌードにしている例が多々あるのです。

交通量の多い道路に面した某保育園でも、夏のプール時期などにフルヌードの園児たちが、外から見える位置に並ばされているのを見かけました。

心配な人は、ぜひチェックしておいて欲しいです。
夏に子どもが熱出して早退するようなことがあったら、そん時がチャンス。
私もこれで発見したことがあります。


全裸、よくないと思うぞ。このご時世に。

↓はげましボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR