半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

職場に違和感を感じています。異常な環境にどっぷりつかっていたら、外の空気を吸わなきゃだめだ。

職場の、とある部分で、違和感を感じています。

何か悪いことが起きる前兆なのかというと、そうではないです。
しいて言えば、いい方向の違和感なのですけー。

今まで異常な状況がず~~っと続いていたために、世間一般でいう平常になった瞬間に「うおっ」となってしまっています(笑)。
おののき、おののき。
うおっ。

結果として、事態は好転なので、「うおっ」でいいです(笑)。


なにを言わんとするかは、うっすらとこちらで



異常な環境にずーっといると、それが世間一般やあるべき姿とどんくらい離れてしまっているのか、当事者にはわからないですね。
つくづくそう思いました。


家庭も職場も学校も、閉鎖空間であるつもりはなくても、実際には外からはよくわからない世界です。

貧困や虐待といった負の連鎖も、もしかしたら外との交流がうまくなされていれば、防げるものなのかもしれません。

勤め人にとっては、メンタル不調とかもね。

これからの季節、五月病とか六月病という単語がよく見られますが、本人が悪いわけでなく、
「うわー、それは職場が異常でしょ」
ということも、大いにあると思うんですよね。
いっぱい、いっぱい。

でもこれは、ほんとーに、内部にどっぷりつかっていたら気づけない。

異常な環境にずーっといると、それに慣れちゃって、変だって気づけない。
周りもどっぷり異常につかっているから、誰も気づけない。

そしてそれは、外からはよくわからない世界。

#五月病にインド翡翠(アベンチュリン)が効くといってますが、パワーストーンブレスレット(笑)が送料無料で1,000円程度。
だったら、全国の新入社員に配布したらどうなんだろうか。
それで五月病が防止できなかったら、周囲が態度を改めた方がいいんじゃないか(笑)。




しばしば、ブラックな企業の実態がSNSで透明化され…もとい露呈して、大きな反響になっています。

でも、SNSだって、オープンではなくクローズドに利用していたら、誰も気づけません。
ここでいうクローズドには、「オープンにしつつもメンツが弱くて反響を呼べないこと」も含みます。

異常な環境にうっすらとでも疑問を感じたら、騒いでみるのも一計です。

騒ぎ慣れていない方は、騒ぎになる仕組みをぜひ利用してください。
一例として、Yahoo知恵袋でいくらか積めば、人は集まります。

Twitterでバズったら、私も騒ぎに加担しますよー。

↓そうだねボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR