半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

女の稼ぎは90%家庭へ。一方、男は30~40%程度


先日、マリアン・ウェントワースという方が途上国の女性の健康についてのインタビュー記事で、こんなことを教えてくれました。

「女性は収入の90%を家庭のために使うが、男性は30~40%に過ぎない」

なかなかにショッキング。
駄菓子菓子、思い当たる節が、ありすぎる。

ええ、男のクソっぷりは世界共通だということを、痛感しましたね。

夫と家計のことで大変もめているのですが、これ読んで、もうダメだと思いました。
世界にゃ立ち向かえる気がしねえよ…。

我が家の戦いかと思われたものが、いきなり世界大戦です。

はたまた、人間界での出来事かと思いきや、よそもそうなのか!?という予感すらしますね。


こういう場合って、映画やゲームだと、
「悪は許されない!」
からの
「正義は勝~~つ!」
での、
「平等が手に入りました。めでたしめでたし」
となります。


現実、どうもなんねえな。
この勇者の服着てる男性モデルだって、嫁の収入の90%以上を家計に使わせて、自分はゲームたくさん買って遊んでるかもしんねえし。


もしかして、現世、RPGでいうところの目下魔王に支配されてる世の中なのでしょうか。
勇者って、もしかして、もうどっかにいます?
序盤でスライムと戦ってる?
もしかして、冒頭のマリアン・ウェントワース女史が勇者でしょうか?


この国のことでいうと、世間に対して影響力のあるポストは男に牛耳られているので、男に都合のいい世の中だというのは、今も昔も当たり前だろうな、と。

これが、うるさいゴリラババァが4割・5割といてごらんなさいよ。
ゴリラが怖くて、不正が働けなくなりますってば。


「女性は収入の90%を家庭のために使うが、男性は30~40%に過ぎない」って、不正ですよ。


今は無理でも、これからは、影響力のあるポストにゴリラババァが4割・5割を占めるような世の中になって欲しいと思います。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR