半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

仕事中に現れるセクハラクソジジイの話!みんな怒ってますからね!!


先日、介護職員のアンケート調査を新聞で見ました。

そこには、
「セクハラにあったことがある人…2~3割」
とありました。

絶対ウソだろ!!!!
もっと多いに決まってる!!!!


というのもですねー。

仕事で会社の外に出る機会において、介護に関連する場でのセクハラクソジジイ遭遇率が著しく高いのですよ。

年代にも偏りがあって、1960年代以前製造のオヤジ・ジジイ。
年齢じゃなくて、年代。
20年前から、1960年代以前製造の野郎のセクハラ率が、高いと実感しています。

介護に関連する場には、この年代の人間が集まりやすいというのも要因でしょうけれど。


一方で、介護関連のお仕事には、ちゃんと若い世代の人もいます。
でも、そういうとこの若い人って、セクハラじみたことをする人はゼロ。
こういう点で言っても、今の若い世代の人たちって、しっかりしている。
礼儀正しいし、マナー良い。



これは介護職の人に限らず、誰もがもう一度よ~~く考えていただきたいのですけれど。

クソジジイがいて、つきまとってくる時に。
たとえばバスや電車で、知らない人から同じことをやられたら、それ、セーフですか?アウトですか?

バスや電車でアウトだったら、それはダメなことなんですよ。
「勤務中だから」なんて、関係ない。



世の男性が全員セクハラジジイだというわけではありませんが、セクハラジジイは中高年の男なんですよ。


そういうセクハラクソジジイは、イエローカードなりレッドカードなり出されてしかるべき。
てか、防犯ブザーならぬ通報ブザー、今すぐちょうだい!
しょっぴかれて、こってりと絞られるがいい!


もっとロボット技術が進化したら、セクハラクソジジイの相手は、全部機械にやってもらったらいいです。
話し相手から介護から、仕置きまで。

ペッパー3世が出るころには、「生身の人間と接してはいけない危険人物」としてしっかり認定してもらってさ。
ペッパーも3世になったら、あんなに未来人間的お金のかかったビジュアルである必要はなくて、マウンテンゴリラでもいいくらいです。


 → 

いい年こいたオバサンの私でこの状態なんですから、若くて可愛い子は、もっとセクハラで嫌な思いをしています。

まじで、勤務中に即刻で通報できるブザーが欲しい。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR