半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

子を注意しない親が嫌いという意見が活発。最近見た親子の例はすごかったぞ

奇しくもフラップ部分がスカウターのように!



「公共の場でおとなしくしていない子どもが嫌いなのではなく、
 注意しない親が嫌い」
という意見が、活発にあります。

それはそうでしょうね。
保護監督の責任が、親にはありますから。


そんなところで。
巧妙に親の隙を狙って悪行に精を出す子どもがいるのを目撃してしまいました。

アレを親が止めるのは、無理だわサー(´Д`;)


※茅ヶ崎市民は、ヨーカドー1Fのサービスカウンターと不二家のペコちゃん人形の位置関係を思い浮かべてください。


あるお母さんが、サービスカウンターで手続きしてたんですけどね。
その死角となるところに不二家のペコちゃん人形が立ってまして。


男児の兄弟が、不二家のペコちゃん人形のスカートをめくってるんですわ。

しゃがみこんで、2人がかりでペコちゃんのおぱんつをいじくりまわして、ニヤニヤしているんです。

(´Д`;)

私はその瞬間、不二家のペコちゃん人形がパンツをはいているということを、初めて知りました(爆)。
しかも、そのパンツは脱がすことが(略)

ペコちゃんが性的ないたずらを受けている様子は初めて見ましたが、こういう男児による性的ないたずらって、巷にはまだまだありますよね。

女の裸が目的で女湯に入ってくる小学生男児とか、典型例。


私も子を持つ親なので、兄弟の様子を見て、すぐに察することができました。

こいつら、母親にバレたらすんげえ怒られるとわかっていて、
バレない死角で、姑息にペコパンツをいじくりまわしてるんだな!


これねー、
お母さん、日ごろから、めっちゃめちゃこの兄弟を注意してますよ。
絶対。
こんな危険な奴ら、野放しにできないもん。



それでも、「子を注意しない親が嫌い派」は、
「不二家のペコちゃんにわいせつ行為してる子どもがいるだなんて、
 注意しない母親が最低!大嫌い!」

と言うんでしょうねー…。

何かこういうのって、数十年後の未来に、
「母親の育て方とは無関係。
 祖先からの遺伝的要素」
というエビデンスが出たりして、「母親バッシングは事実無根だった」という結果になりそうです。

 


私は率直に、
「男児親って大変だな(´Д`;)」
と思いました。

あれは、お母さん悪くないよ…。
むしろ誰か、お母さんを助けてあげてよ…。


そう、誰かが助けることが、できます。

そこ、そこのあなた!
あなたですよ、お父さん!!!


私の中でレジェンドと化した「Z子ちゃんのお父さん」がすごくいい見本なんですが、ああいう男児の行為って、大人の男性から注意したほうが効きますよ。
絶対。

Z子ちゃんのお父さん伝説はこちら↓

www.risa-z.net



うちの夫がいたら注意させたかったんですが、残念ながらいませんでした。
くっそう、夫にもあのペコちゃん強制わいせつ兄弟を見せてやりたかったぜ。(ォィ)


同性の大人から、注意される。
このような刺激は、受けたほうがいいですよ。

なお。
うちの娘たちには「鼻の穴に指を突っ込む→テイスティング」というレディにあるまじき悪癖があるので、現場を押さえた大人の女性に注意していただきたいです(爆)。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR