半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

義実家への土産物にブランド品が指定されるくらいだからiPhonじゃないと中学でいじめにあうんだな。責任は大人にアリ。


先日の「女子中高生が『iPhone持ってないと学校でいじめにあう』とか抜かしてる件」ですが、コレは間違いなく、日本の大人に問題がありますよね。

海外のメジャーな地域で暮らしした人に聞くと必ず教えてもらえるけど、日本人の多様性のなさってすごいもんね。
単一民族だからなのか、「ともかくみんな同じが好きすぎだ」と、しばしば指摘されます。

私は日本の、しかも自分の生活圏周辺しか知らないので、そういう「ともかくみんな同じが好き」の一員に間違いありません。

それでまた始末の悪いことに、iPhoneはあまりに高価すぎるおブランド品
電子機器として3年くらいしか使えないであろう物体(しかもパソコンより使いにくくてロースペック!)に十何万円ナリ。
日本におけるブランド信仰、あなおそろしやです。


駄菓子菓~子。

身に覚えが、いろいろありますねー。
その代表格が、やっぱりブランド信仰だと思います。

いくら「クムホのナントカというタイヤがいいよ」と言われても、ヨコハマのアドバンとか、ブリジストンのポテンザを買うもんね。


もとい。
さすがにチョコレートのゴディバくらいになってくると、
「ゴディバは雰囲気代が高いよな、自分で買うなら、断然、もっと安くていい味のチョコレートがいいさ」
ってなります。



駄菓子菓子!
自分用はそうだとしても、夫の親族宅に持って行かなければならないときには、ゴディバになってしまいます。
夫から、
「ゴディバにするように」
という指示が出るのですよ。


うわー!

うわー!って思うんですけど、このうわー!には、
「湘南・茅ヶ崎ブランドがゴディバに負けた!!!」
のうわー!が含まれます。


残念ながら、「ブランドものにこだわるのは心が乱れている証拠だ」という、「欲を捨てた思考」はできないのです、私。
なんかもう、
「私の推しブランドが負けた!!??」
というブランドバトルなんですよ。

「ゴディバより安くていい味のチョコレートが、地元湘南・茅ヶ崎ブランドとして確立されているので、私はそっち推し」です。
ブランド欲、まったくもって捨ててません。

ゴディバがなんぼのもんじゃい!
みんなも、郷土を誇るべきです。
ぷりぷり県みたいに。

こちらとしても、「佐賀に来るならイカだ」と佐賀人に誇られれば、佐賀に行ったときイカを食うんですよ!



もしも、自分の娘が「iPhone持ってないからお前をいじめてやる」と学校で言われたら。

「今からこの教室が、バトル・オブ・シリコンバレーだ!」
(若かりし日のゲイツとジョブスがPCバトルを繰り広げる映画)

と、即座に啖呵を切らせたい。
そんな女子中学生になる教育をしておきたいと思います。

お前は、お前の「好き」を貫いていいのだ!

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR