半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

人の金で食うメシはうまいか?

人の金で食うメシはうまいか?

う・ま・い・ぞーーー!



どーもー。
先日、ボランティア団体から餅をもらって、子どもたちと一緒に食べました。
おいしかったです。

なぜかね、この国のあちこちに、冬になると無償で餅をついて配る団体が出てくるんですよ。


*過去に書いたモチ連続殺人事件の漫画*

books.vipdoor.info



んで。

私は人の金で食うメシが好きです。
アンパンマンの世界もそうですが、現実世界でも食べ物を無償で振る舞い始める人がいるのです。

食べる人が無償なだけで、実際には団体に予算がついているケースがほとんどなので、そこに金銭は絡んでいるのですがね。
同じく、激安価格だったりコピーした金券配っちゃうような模擬店も、そんな感じ。


ジャムおじさんまわりの金?
あそこはアンパンマンでガッポリ稼いでいるのに加えて、現実世界でも無償配布せずにキッチリお金を取りますが
うーん、金もうけがうまいね!
リアルジャムおじ。

まーとりあえず。
私はそういう「配られる餅」とか、好きですね。

ああいうのは、子どもを連れてどんどん食べに行った方がいいんですよ。
あとね、ほめる、喜ぶ。

「お客さんいっぱい来たね」とか、「たくさん喜ばれた」とか、やっている団体の人たちの励みになりますから。

逆に、行かないのは、ダメ。
主催者が悲しむ。
予算で買った食べ物が誰にももらわれずに残るのは、主催者も参加者も、実に胸が痛むではありませんか。


なので、今後も子どもたちには、人の金で食うメシに舌鼓を打ち、喜んでほしいと思います。


人の金で食っているように感じますが、実はその財源、私、徴収されておりますので(笑)。

我々の金が、めぐりめぐって、冬になると無償で餅をついて配る団体の予算になっているのです。
ははは。

気に入った団体には直接お金を出すので、今後ともよろしく。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR