半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

バレンタインが近くなると思いだす香害/公害の話


バレンタインが近くなると思いだすこと。

食堂で、ダウニーを丸ごと1本ブチ込んだんじゃないかというくらいに強烈にダウニー臭いやつが近くの席にいたこと。

おりしもその日はバレンタインデー。
ダウニー丸ごと1本ブチ込んだからって、チョコがもらえるわけがねーだろ!!!!!
と、私は怒りに燃えました。

(モテない男によるチョコ欲しさの蛮行と断定)

ホントに臭くて。
何故規定量を守らないのか。

メシの味がわからないどころか、強烈なダウニー臭でその場で気持ち悪くなってしまいました。



駄菓子菓子。

私は
「臭い!胸がムカつく!」
程度で済むんですが、世の中、このようにその場で怒るだけで済む人ばかりではありません。

煙草なんかも
「気管支が弱くて、近くで喫煙されるとぜんそく咳が出てしまう」
という人がいるではないですか。

空気の汚さの話をするならば、川崎ぜんそく・四日市ぜんそくとか、現代の北京とか。
病気になる人がたくさんいますな。

レノアとかの香つき柔軟剤もそうで、柔軟剤に含まれている物質が、人によってはNGであったり。


現代社会には「柔軟剤バンザイ!ハイル・レノア!」みたいな雰囲気がありますが、その成分で困っている人がいるんだったら、こぞって使うのやめたらどうなのかなー、と思うわけです。
冒頭のダウニー野郎とか。
あとはVERY妻とか。
(VERYに柔軟剤の記事広告と試供品がよくあるけれど、試供品の1回がどう考えても1回分ではない…洗濯機つまるんじゃないかと心配だ)

柔軟剤で困っている人の立場からすると、たまったもんじゃないですよね。


よしんば、洗面器いっぱいにスギ花粉を入れた人間が現れたとしたら?
スギの花粉症の人たちが怒り狂って処刑にかかると思います。

煙草って、今ほど分煙に厳しい世の中になるまでに、ずいぶんかかりましたよねー。
でも本当は、もっと早い段階から規制できていたらよかったのかもしれないし、スギ花粉に対する怒りくらい表に出してもよかったのかも。
少なくとも、煙草の値段が最初から1箱400円~だったら、私は一度も買わなかったと思う。


さてー、柔軟剤。

第二、第三のバレンタインでチョコが欲しいダウニー野郎を世に送り出さないためにも、
「柔軟剤は何ミリシーベルト的なものまで」
と、ガイドラインを設置して欲しいでござる。

それを守って生きてみたいから。
素人の私は、きっと知らずのうちに失礼なことをしているに違いない。



今年はバレンタインに臭い奴がいませんようにーー!


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

今週のお題「わたしとバレンタインデー」