半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

ドラッグストアの陳列棚の前でストレスを募らせている私


詰め替え用パックが、高い。

内容量が少ない。
割高。


そう、シャンプーだのソープだの洗剤だのの詰め替え用パックです!

あいつら高いよ!
よしんば詰め替え用の方が安いときでも、容量がかなり間引かれてて割高だよ!


こんなんじゃ、いつまでたってもゴミは減りませんなー(´Д`;)


15年くらい前に読んだ実用書の著者が、
「詰め替え用なんが絶対買わない。
 普通のボトル入りを買った方が安いもん」

と語っていましたが、今なおその状況。

15年たっても、詰め替え用の値段はいいように下がらないし、安い方を買いたい人の気持ちも責められないので、ゴミは減らないのです。


もはやこの先、環境税しかないのでしょうか?


ゴミが大きいと何が困るって、捨てるのに手間がかかって面倒だから嫌なんですよ。

茅ヶ崎のプラゴミは週1回なんですが、もーね、毎回袋がパンッパンでさ。
食料品の過剰梱包や日用品のかさばるゴミで、毎週のゴミ置き場がプラスチック帝国軍事パレードもいいとこですよ。

ゴミが減ってくれると、使う人の手間もグッと減るし、メーカーは余計な材料を使わなくて済むし、環境にも配慮してるしで、いいことだらけのはずなんですけどね…。
Why、なぜに進まぬ。

全く進んでいないとは言わないけれど、なんか進みが遅いですよね、ゴミ対策。
人類にはオゾンホールという地獄の穴を閉じた実績があるのですから、もーちょっと頑張れるんじゃないのかね。


価格コンシャスな人なら、必ず
「詰め替え用なんが絶対買わない。
 普通のボトル入りを買った方が安いもん」

という考えが脳裏をよぎります。

いや、それどころか、
「"高い"と思った時にはすでに、安い方を手に取っているッッ」
場合もあるでしょうに。


さらに私のような底意地の悪い昭和50年代生まれの貧民は、
「なんで詰め替え用の方が割高なワケ!?
 余計なゴミを持たせる方がなんでお得なのさ!?
 MG5!!」

とドラッグストアの陳列棚の前でストレスを募らせているのです。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR