半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

5歳、まだまだ可愛い



双子の娘は、5歳になりました。

可愛い!
とても可愛い!

夫も同じ考えですが、5歳、まだまだ可愛い。

一説によると、「子は3歳までの間にすべての可愛さをくれる」らしいですが、5歳はまだまだとっても可愛いです。

病気ばかり、泣いてばかりという乳児期に比べると、幼児期というものは、実に「可愛さのいいとこどり」ができるものですな~。


近年は、実にお世話も楽になってきました。

なんといっても、家の中で目を離していても、死に直結するような危険が感じられないです。
すごい成長だ!

乳児って、目を離すと死ぬが、あり得ますからね…。

乳児期は、出張や休日出勤になると
「子どもの世話をしなくてラクができるぜ!」
と思ってました。

が、今ではすっかり
「休出の外勤務、ダリィな。
 家にいるほうが楽だな」
になっております。


そんな娘たち、最近漫画デビューしました。
絵と一緒にセリフがあって、右上から左下に読み進めていく、一般的なコミックスです。

自然に漫画になじんでくれて、しかも楽しんでくれているので、母、感無量です。
いい子に育ったな~。

ちなみに、読ませているのはこちら

とても良い「マンガらしさ」のある少年漫画で、登場人物の表情が豊かです。
同じ登場人物でも、おかしな顔や真面目な顔、それに変装なんかもあるので、アンパンマンのような明快な表現に親しんできたチビッコにちょうどいいです。
動物、お菓子、遊園地といった子どもの興味を引く対象もかわるがわる出てきて、飽きませんね。

ただし、おしりがたくさん出てくるので、おしりを許容できるご家庭にのみオヌヌメします。


我が家では「おしりは可愛いくて大切なもの、尊いもの」と教えています。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR