半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

子どもがいると親同士で話ができない、そんなときの必殺技


「子どもがいると親同士で話ができない。」
育児家庭あるあるです。

むかし読んだ有川浩の小説に、こんなソリューションがありました。

近所の母親同士が悩み相談をしたい

片方の家に子どもを連れて集まる

アンパンマン(劇場版)DVDを放映

アンパンマンが子どもたちをひきつけているうちに、
悩み相談60分コースが成功


おおー!
テレビの力は偉大だな!

実際に私も、子どもが生まれてからは、よくテレビをデコイ(囮)に使っています。

家に帰ってから夕飯の支度をするときなど、とてもあわただしいので、契約している動画コンテンツの10分番組で攪乱。
「アンパンマンでひきつけて今のうちに!」
「この瞬間は忍たま乱太郎に任せた!」
てな具合に。

親の都合100%で放映しておりますので、子どもがもっと見たくてもメシができれば終了です。
子どもたちは殴りかかってきますが、知ったこっちゃありません。

テレビは親の都合で運用するモノなのですッッ。


駄菓子菓子!
冒頭の「母親同士の悩み相談60分コース」は、実現できていません。

日常のモスト忙しいタイムには10分程度のヤツが特に使えるんですけどねー。


私はいわゆる「ママ友」とつるむ系の生き方が好きじゃないので、友達というと昔からの友達です。
我々の年代って、適齢期出産もいれば高齢出産もいて、子どもの年齢がバラバラなんですよね…。

共通の「これ!」というアニメ映画に、アンパンマンは該当しない。
うーん、残念。

年齢が割と近くても、「パンが人を殴るアニメ、うちは見せていない」という友達もいて…

あ、本当に友達が「パンが人を殴るアニメ」って言ってるんですよ。
私が「パンが人を殴るアニメ」と言っているのは、その友人のマネです。
(ちなみに「駄菓子菓子」は、パン殴りと共通の友人のマネ)


兎に角。
子連れで集まると、親同士の会話がまともにできないのです。
うちなんか双子で、さらにゴメン。


結論:アンパンチは必殺技にならなかった。

スマン。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR