半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

遊園地、その心と財布の痛みと


数ヶ月前に家族で遊園地【伊豆修善寺のサイクルスポーツセンター】に行ったら、入園直後に雨がじゃんじゃか降ってきて遊べなかった、ということがありました。

子どもたちがたいそう悲しんでおりましたのと、
私が病死とかしない前に思い出を作ろうと、
横浜の遊園地へ行きました。

Not 横浜ドリーム・ランド
残念ながら、ドリームランドはもうありません。
跡地は横浜薬科大学になりました。
(アトラクションはないものの、ドリームランドの面影が強くていい所だ)



仕方がないので、横浜コスモワールドです。
ええ、かのプリキュア劇場版でたびたびBATTLEの舞台になってブッ壊されるみなとみらいデス。

横浜コスモワールドというのはフリーパスがない遊園地です。
1回乗るのに、都度お金を払います。
(回数券を買って、金額がものすごいスピードで引き落とされていく)

これにどういう効果があるのかというと、心と財布の痛みとがマキシマムになるんです。
横浜コスモワールドの各アトラクションの価格設定自体も、割高でして。
さすが、富士やら相模湖やらの田舎遊園地とは違いますね!

遊園地の料金はすべて夫の財布から出るという約束だったんですが、遊園地で子どもを遊ばせているうちに、夫の心が限界を迎えてしまいました。

「もうこれ以上俺を追い詰めないでくれ!!!」

子どもたちが遊園地エンジョイしている真っ最中に、そう叫んで精神が破たんしてしまいました。


こういうことがないように、事前に「コスモワールドに4歳児2名の親2名で行くとこのくらいのコストが…」ということを数字で見せておいたのですが…。
予算額に達する前に、心が折れてしまいました。
あのお金の減り方に耐えられる精神力が、なかったのです。

(´・ω・`)

残りの遊園地代の支払い?
私です。

しかしながら、あそこじゃ子どもたちが心の底から楽しめるようなプランが実現できないのは、事実。
遊園地は、たとえ遠くとも、フリーパスがあるところに限ります。

ちーん。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR