半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

一夫多妻制の国では、妻をもらえなかった男はどうなっているのか?



個性豊かなネーちゃんたちと座談会やってる時に、メンバーから一夫多妻制を提案されました
(以前も紹介した、目元の涼しげなアイカラーが特徴の、おもしろいオネーチャンです)

クソ男から「税金」という名目で没収した財産を、マトモな男に「社会保障」として実質的な育児・教育の給付としたら、少子化対策としてわりといいのかもしれません。

極端に考えると、そう↑なんですが…、
実際に一夫多妻制をやっている国や、一夫多妻制だった時代の日本とかは、さすがにそこまで極端なことはできていないようです。

結局のところ、一部の大富豪だけは多妻で、一般市民は一夫一妻という構図だったそうで。

「クソ男が大量にあぶれる→婚活のために改心ムーブメント→国民全体のモラルアップ」なんて事態も、なかったようです。
遺伝的要素のクソ男が淘汰された形跡も、ないように感じますが……実際はあったりするの?


おもしろいオネーチャンと会ってた日は、全然時間がなくてゆっくり話せなかったのですが、続きが聞きたいです。

↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR