半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

ボールペン(フリクション)派が圧倒的に多い…しかも青



会社で、日常筆記用具にボールペンを使っている人がすごく多いのです。
しかも青。(ちなみにパイロット/フリクションボールノック07 ブルー/LFBK-23F-L

日常筆記というのは「メモを取ったりするとき」です。


私はシャーペン派です。
理由は…ボールペンがあまりエコロジー&エコノミックではないと感じておりまして…。

エコノミックではないことに関しては、自分の懐は痛まないんですけれどね。
皆が使っている「ボールペン」は、「会社の事務用品」なので、各自が身銭を切るわけではないのです。

がー…
ボールペンって、書きやすいだけあって、減るのもめっちゃ早いんですよね。
ううむ、やはり自分が使うとなると、捨てるたびに気になる。
エコロジーとはいったい、プラごみの排出量やいかに、と。


部署の圧倒的な青ボールペン率に圧倒されていた時期、薬局で、女性誌FRaU 2019年1月号によるSDGs特集を読みました。
近いうちにVERYが飛びつくことと思われますが、フラウ良かったですよ。
「さすがだな。
 ゆらぎなきゴーイング・マイ・ウェイ感」
という誌面。

フラウの世界観に共感するか否かは別として、私は「ケチで貧乏ったらしい属性」なので、このSDGsにはおおむね賛成です。
友達も節約家の庶民派が多い…というか、日本の女性は結構そういうのが好きな人が多いので、SDGsへのなじみは良いんじゃないでしょうか。


…なんて一瞬考えちゃったけど、冒頭の通りボールペン派が圧倒的に多いので、SDGsの実践という意味では、日本の女性が必ずしも好意的とは限らないですね。
ううむ、残念。
この世は皆貧乏くさいのかと思ったけど、そうじゃなかったね。


ということで、筆記用具。

ボールペンにはいいところが、すごくいっぱいあるんですよねー。
素人が使えば圧倒的に早い、
裏移りしない、
誤字の修正をできるフリクションだってあるし、
なにより書いたことがはっきり視認できる。

いつもボールペンを使えたら、それってすごく便利でリッチなことです。


駄菓子菓子。
私はやっぱり、シャーペンの方がサスティナビリティなんじゃないかと思うのです。

ボールペンには前述のとおりいいところがたくさんあるので、使いたい人が多いのは自然なことですよ。
でも、
「全員が使っちゃっていいのか?
 使い心地が良ければそれでいいのか?」
という疑問が常々あって、
「だったら自分はシャーペンを使い続けるという選択肢もありだよな」
と。

シャーペン派を見かけるたびに、心でそっといいねボタンを押しています。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR