半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

家族で父親だけが別の部屋なのは当たり前。実に合理的じゃないですか。


足をぶつけて痛い思いをしそうな典型例。
だが、すのこは魅力である。



家族で父親だけが別の部屋なのは当たり前で、
実に合理的じゃないですか。


幼少のみぎりより、ものすごいイビキのうるさい父親が家にいたので、父親と他の家族とは寝室を分けていました。

イビキ、うるさい。
超うるさい。

夏場なんかドアを開放して寝てたりしたんですが、もーうるさくてかなわない。
小さいころから、夜中にキレ気味でドアを閉めに行っていました。


なので、「夫婦が別の寝室」というのは、まったくもって自然なのです。
むしろ、一緒の方が「ナンデ???」って感じです。

んで。

夫婦で一緒の方が
「ナンデ???」
って感じなんですが、我が家は特別に家族全員が同じ部屋で寝ています。


実は夫は、実家の親父と比較して2割程度しかイビキをかかない人種なのです。
なので特別に、家族が全員同じ部屋で寝ることにしました。

いやいや、マジ大いなる決断です。私にとっては。


騒音問題といえば、ご近所トラブルもあれば、航空機の針路もあり、家庭内でも「就寝中のイビキ」というのっぴきならないものが存在するのです。

よそのご家庭から
「家族のイビキがうるさくて…」
という話題が上がるたびに、イビキの犯人に電気ショックが流れるといいなと思っています。

実際に、こういう電気ショックが流れるのが売っています。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR