半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

防ごう、犯罪被害。街中血眼計画


すべてのオバサンが、抑止力のために武装してもいいんじゃないだろうか?



子どもが巻き込まれる犯罪被害が、後を絶たない。
世界中で。

やだな、すごくいやだ。

子どもを狙う犯罪者がいない…もしくは激減できる社会って、実現できないんでしょうか?
「子ども憲兵(青少年を守る憲兵)」とか作れないのかね?

悪いことをしようとした奴は即座に見つかって、もれなくパトカーで連れて行かれてしまえばいいのになあ!


具体的な方策としては、やっぱり取り締まる人が見張ってくれることですよね。

シルバー人材(街のジジババーズ)に有償ボランティアとして活動してもらいたい。
ぜひとも、GPS搭載の防犯ブザー機能付きウェアラブル端末を装着して、テクテク健康増進しながら、街の公園やショッピングモールの死角を防犯のためにウロウロしていただきたい。

散歩好きオバチャンとかに、頼めないのかな??

やってくれるなら、税金でiPhoneやApple Watchご提供してもよくない?


防犯って、女親が一人で血眼になっても全然足りないですよ。

周囲が、
「あ、チビッコだ。見守ってやろう」
と参加してくれないと。

残念ながら、現代の母親は、働いてばかりで街のパトロールができないです。


見守りは立派な支援ですから、代わりに活躍してくれるオバチャンがいるなら、こちらとしても何か御礼は差し上げたいです。
私から徴収されている住民税を、青少年見守り有償ボランティアの財源としていただいて結構です。
むしろこういうことに使ってくれないなら、今年もふるさと納税でよその地方自治体に金を流すぞ。

みなさまもふるさと納税をした際には、市民アンケート等で
「この自治体の○○で××な政策に納得がいかず、ふるさと納税を決行しました!」
と、ダメ出しをしてくださいね。

しっかり理由を述べないと、
「なんかしらないけど金がよそに流れた。
 よし、我が自治体の特産品にカステラを加えて巻き返そう!」
とか、あさっての方角に対策が飛んでいきます。

誰も、どこでも買えるカステラなんぞ欲しくないわい!



もとい。

防犯には、防御壁が必要です。

少ない人数で点みたいだと、誰でも侵入できちゃう鎖なし鉄柱(ポール)程度のスッカスカ度合です。
駄菓子菓子、もっと多くの人が防犯に本腰を入れれば、それはいつしか網となり、壁になるのです。

病原菌による伝染病も、この理論で撲滅できたものがありますですヨ。
(天然痘とか。ジェンナーを皮切りに予防接種しまくったから伝染できなくなった)


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR