半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

奥さん、DV受けてませんか? / 夫がゲームをやめたら、家族全体が平和になった件



夫がゲームをやめたら、家族全体が平和になった。

もとい。
ゲームをやめさせました。

我が家の場合はPS4という家庭用ゲーム機だったんですけどね。
詳細を説明しなくてもお察しいただけると思いますが、ゲーム中毒で非常によろしくない事態になっておりました。

ゲームに限らず、ホビー模型なんかもそうですが、夫の「中毒で家事育児放棄」で幾度となく大迷惑をこうむっています。


駄菓子菓子、逃げ得は許さん。
我が家は力関係が米ソ(アメリカ合衆国対ソビエト連邦)なのと、私が「平等・公正」のイデオロギーをモーニングスターのように平素から振り回しているので、「それなりに厳しい懲罰」をやります。


今回は、娘たちが協力してくれました。

娘が、電源ケーブルを没収しました。
2回ほど。
娘が没収してどこかにやったので、私もケーブルがどこにあるのか知りません。

1回目に没収されたときは、すぐに別の新しいケーブルをあてがっていました。
が、娘はその2本目のケーブルも没収してくれました。


夫、すーーーーーーんごい怒ってましたね。
悪いのは夫自身なのですが、ものすごい家族にあたってきましたよ。

駄菓子菓子、我が家は夫婦の力関係が米ソです。
しかもこちら側の主張「平等・公正」に対して、夫側は「怠惰・逃げ得狙い」です。
絶対に許さんよね。


んでまあ、ゲームをやめると当然のことながら、本来あるべき姿に軌道修正されます。
ようやく平和に近づいたって感じです。


断っておきますと、ゲーム・ホビーは決して「禁止」ではないのですよ。
ただ、「ルールを守って遊べ」と。
いい年こいた中年のオッサンのくせに、ルールの逸脱が激しかったのです。


と、ここまではあくまで我が家の話。

一方、世の中には「ゲームをやめさせようとするとDV」、「妻子は泣き寝入り」というご家庭も珍しくないわけで。

つーかさ。
個別具体的に家庭の状況を鑑みた結果として、
「夫がゲームをやり過ぎ」
って判断してる妻が、目下、TLに現れない日がないじゃないですか。

この続きで一般的なストーリーは、
「言ってもやめない。
 やめさせようとすると怒り狂う
って、立派なDVじゃないですか。

なんなの、このゲームDV。
アルコールもそうだし。
他にも、パチンコだってそうだし、浮気、キャバクラ、ギャンブル、等々、ホントなんなのあいつら。


残念ながら、「夫婦の力関係が米ソ」とか言える家庭は、そんなに多くないのですよ。
米ソなのはゴリラワーキングマザー界隈くらいなもんでしょうに。
半分以上の家庭は、夫側の横暴に耐える・諦めるという結果になっているのではないでしょうか。


もう21世紀なんだから、先進国の夫婦関係では「逃げ得は絶対に許さん」くらいの姿勢でいていいはずなのに、そうはなっていない。

本来ふざけた野郎には、制裁ないし矯正が必要ですよ。
いやほんとまじで、男女共同参画憲兵とか行ってくんないですかね。

保健師訪問とかいらないから、憲兵に抜き打ちで突入してほしいですわ。
怖いオッサンにしばきたおされろ。

よしんば「ゲームのルールを守らなかったら蝶野正洋がビンタしに来る」とわかっていたら、お前らゲームやめるだろ。



いかんせん、家庭における負担が妻側に偏り過ぎってのが、我が国全体的な問題ですから。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR