半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

展覧会をあきらめました/友の「時間がないとイライラするじゃん」というコトバを胸に。

展覧会。

ミュシャ展とか、

水木しげる展とか。


美術館の期間限定展示とか。
行きたいなー、とは思いつつも、昔からあまり行けていません。

行くと楽しいことはわかっているのですが、周辺日程を勘案して、
「今回は諦めたほうが身のため」
という結論に達するのであります。


新宿で、「りぼん展」というものが開催中です。本日最終日。

www.takashimaya.co.jp


岡田あーみん先生の原画が展示されるということで、近年「行きたい!」と思った展示会の中でもナンバーワンなのですが~~~~~



忙しい。
クソ忙しい。
今夏は、行ったら、たぶん、死ぬ。昨日も仕事だったし。
忙殺忙殺、「忙しさ」という超有名な殺し屋に殺される。



こういうのって、本当は、行った方がいいのですよ(泣)。
心に残る、レガシーじゃないですか(泣)。


もし、自分の周りで迷っている人がいたら、
「お行きなさいな」
と背中を押してあげたい気持ちがすごくあります。

駄菓子菓子。

もし自分の友人が、
「行きたいけど、忙殺でトドメが刺さる」
と半泣きになっていたら、どうしようもできないですよ…。

これが単に金銭の問題になるなら、
「わかった。2千円あげる。
 そのかわり、私の土産にマステを買ってきてくれないか?」
くらい簡単にいえる。

けど、時間はそうはいかない。


忙しいときに無理をすると、体調とか、精神とか、崩壊する。

最悪のパターンは
「楽しみにしていたイベントの直前に、脳梗塞や心筋梗塞で死亡」
です。

心筋梗塞についてはリアルに知っている人がそうなってしまった。
脳梗塞については、茅ヶ崎の前の市長がお亡くなりになってしまったし、一命は取り留めたけど親族も後遺症がありつつ生きております。


そうじゃなくとも、無理して、結果、時間に追い詰められてしまうと、焦りでミスをしたり、余裕のなさで周りに対してイヤな雰囲気出しちゃったりするしね。


時間は、大切ですよ。

友達がシンプルに、
「時間がないとイライラするじゃん」
と言っていたけれど、ホント、その通りだ。


育児期って、やまだかつてない超絶に忙しい時期じゃないですか。
私の感覚的には、子どもなし時代の時間外労働100時間/月よりも不自由。

なんといっても、一見「空き時間」と思える時間は、決して「自由時間」ではないからです。

なーんも、自由にならない。
子どもが乳児から幼児に育っても、残念ながら、「自由時間」にはならない。

「空き時間」ができても、それは非常に限定的で、かなーりの制約がある。


ただ、自由時間がないのは私だけではなく、多くの子持ち。
っていうか、子持ち自体がこの世の大多数なのであります。
(子持ちでも遊んでいるという例外はありますが)

よって、
「りぼん展をあきらめました」
は、子持ちである”同志たち”の心の叫びなのであろうと、涙しております。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

今週のお題「夏休み」