半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

ワーキングマザーに夫がいらない論


バッグでけー。



周辺のゴリラ仲間界隈で、「夫いらない」論が、熱い。

私も実際に
「夫は必要なのか?」
と問われたら、
「いなくてもいい」
と答えます。

たまたまうちの夫は、子どもに愛情を注いで面倒を見るタイプなので家族として一緒にいますが、世の中まっとうな男ばかりではないわけで。

「人としてクズ」みたいなやつと世帯を構える必要は皆無で、そういうのが夫だったらいない方が絶対にいいでござる。
母子家庭、万々歳でござる。


クズ夫がいない、子どもと私のパラダイス!
ヒャッホ~イ!


私は過去に離婚してものすごく良かったと思っているし、再婚した現夫もクズ人間に変化したらソッコー捨てるつもりです。

これは私に限らず、できれば女性みんながそうであってほしいと思います

駄菓子菓子。
これをやすやすと実行できるのは、ワーキングマザーのなかでもかなりゴリラのほうだけ。
もしくは、よっぽど強靭な精神力ないし経済力がないと、無理ですね。


「共働きでないと家計が成り立たない前提」で「男尊女卑の脱却途上」の社会に、シングルマザーはあまりに厳しい。
一説によると、シングルマザーへの手当てがけっこうな額になる自治体もあるそうなのですが、あまり過信しない方がいいです。
それが超余裕シングルマザーに生まれ変わっちゃうような金額だったら、それこそ夫という存在自体が社会システム上「不要」になるわけで、。

世の中を動かしているのはいわずもがな男性なので、男性にとって都合の悪い話というのは生まれにくいですね。
ないわけじゃないけど。


でもやっぱさ、夫がクズだったら、女性は無理をしないで欲しいと切に願うのですよ。

私は、離婚に大賛成です。

ちなみに、今の夫とは再婚です。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR