半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

健康診断2019夏!悪いところ出ましたの巻

ブオオ~ン
ブオオ~ン


こちら太鼓センターオンラインショップのホラ貝です。



健康診断ブオオ~ン

まずは毎年恒例の心電図。

出産時に心臓をだいぶ悪くしたため、どこの検査でも心電図は必ず引っかかります。
洞性不整脈とか心雑音とか。

今年は初めてR波増高不良というものをいただきました。

が、これらはすべて、
「もう死ぬような危険性はないから病院には来なくてもいいよ。
 また悪化しないように気をつけながら生きてね」

ということなので、大丈夫なのです。

ええ、今のところ、大丈夫。
よしんば激悪ステータスをたたきだしたら、その時に再通院です。


ところが。
2019年は新たに異常が見つかりまして。

便潜血。


月経中ではなかったのですが。
でも、心当たりはあります、あります。

私、小学生のころからずーーっと、切れ痔なんですよ。
理由はやっぱり、女性にありがちな「便秘」です。
女性は臓器の構造上とても便秘になりやすくて、また切れ痔というのもフンが固いとよくある話なのです。

そうじゃなくても、産後の女性の体というのは変化が激しく、
私のような昔ながらの切れ痔もちもいれば、
新規切れ痔発症の女性もいたり、
ほかにも脱肛タイプの痔とかもありがちでしてね。


駄菓子菓子。

切れ痔かつ大腸がんという可能性も無きにしもあらず。

実は、切れ痔のくせに、今まで便潜血がでたことがなかったのですよ。
これ痔持ちにありがちらしく、潜血便が必ずしも出ない。
私の場合も、365日が固いフンで肛門が切れているというわけでもないので、通常便が出たりもするのです。

正直、検便の日の便の性状を覚えていないのですが、どーだったのか…。
とりま、事実として便潜血があることがわかりました。

病院には行きます。
結果としても、「様子を見てください」ではなく、「お前かならず検査に行け」という趣旨の印刷がしてあったので。


もしもがんやがんの前身だとなっても、幸いにして大腸だと悪いイメージがないです。
たまたま周りに、ちゃんと手術して今は元気にしている人がいるし、ポリープ様を除去した人もチラホラ。

ポリープ様に至っては、私の中では「あれ、もしかして帝王切開くらいポピュラーじゃね?」くらいの勢いです。
しかも、帝王切開の知人友人はみんなひどい目に合っているけど、ポリープ様にはたいして悪評がないです。



十中八九、
「やっぱ痔のせいでしたね」
の報告になるとは思うんですが、
痔持ちの女はいっぱいいるよ(^-^)b
とアピールしておきます。


↓そだね~ボタン(押していただけると励みになります)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

今週のお題「夏を振り返る」