半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

子ども乗せ自転車を突き詰めたら / 荷台付き三輪自転車に乗ったババァが好きだ←バイクに乗ったババァが減って悲しい

いい季節だから、自転車の話をするぞ。



荷台付き三輪自転車に乗ったババァをしばしば見かける。
好きだ。

一方で、バイク(50ccの安いスクーター)を乗りまわすババァが減って、悲しくもあるんですがね…。


もとい、荷台付き三輪自転車に乗ったババァは良いですね!

三輪自転車というのは、安定性が高く、本当はもっともっと流行すべきものなのです。

10年弱前に、「安全性の高い子ども乗せ自転車を作ろう!」とさまざまなメーカーが一斉に開発していた時期があったんですが、そこに提供された自転車のほとんどが三輪以上のタイヤ数の自転車でした。
やっぱ、タイヤが2つじゃ安定しないですよ!

ふたご自転車とか、見てよ!
さらにはamazonで「背面ベビーカー・バギー 取り外し可能なおおいが付いている二重三輪車の軽量2座席自転車の双子のベビーカー、6か月からの4歳までの子供のための安全そして慰め」ってのもあるんだぜ!
「そして慰め」ってナンダヨ!

駄菓子菓子。
この三輪以上の子ども乗せ自転車も、残念ながらあまり普及せず。

おそらく大きな理由は、出先…真っ先に行きたいであろう駅や商業施設などの駐輪場が、三輪以上の自転車に対応していないから。
ライダーがバイクの駐輪場に困るのと似ていて、社会のスペースが、自分の持っている乗り物にマッチしていないのです。

世の中の8割以上が普通のタイヤ2つの自転車だったら、2割以下の三輪以上の自転車のことなんか、無視したくなりますよねぇ…。


でも、世の中捨てたもんじゃなくて。
ジジババに優しいと私の中で評判のイトーヨーカドー茅ヶ崎店では、三輪自転車やセニアカーが駐輪できる特別スペースが作られていました。

ただ、ヨーカドーの駐輪場は「有料駐輪場」で、その「特別駐輪スペース」は線で区切った「特別に無料」のエリア。
しかも、入り口近くの利便性の良いところに用意されたもので、めんどくさがり屋の格好の的に。

悲しいことに、目的外の普通自転車ばかりが止められてしまい、本来使いたい人が使えないという結果になってしまったのです。

むごくね?


とはいえ、よ!

どこの駐輪場にも特殊駐輪スペースがあって、安心して三輪自転車だのセニアカーだのが停められるような世の中だったら、三輪自転車にもっと乗る人増えると思わん?

前述のヨーカドーで、三輪自転車だのセニアカーだのがいつもきれいに並んでたら、すごくいいじゃん。
チャイルドトレーラー(自転車の後方に人力車の座席みたいなのがつくヤツ)だって、本格的に国内導入されるんじゃないかな。


自転車っていいよ。
人力だからとってもSDGsな感じがして。
三輪自転車に乗ったババァなんかサイコーにサスティナブルな存在じゃないですか(笑)。

私も老後の楽しみとして、乗りたいぞ~!



↓いいじゃんボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR

 

今週のお題「理想の老後」