半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

所得低迷を生き抜く、ミニマリストに次ぐ価値観「THEおさがり」



消費税の増税前の駆け込み需要がちっとも盛り上がらず、日本全体が貧乏ムードに潜水したまま冬になってまんまと凍結の今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

てかこれ、日本だけの傾向なんですかね。

意外と、世界中のいろんな国で貧乏ムードに偏って、グローバル貧乏になってたりしない?
なってない?
…そうですか。


もとい。

所得低迷を生き抜く、時代のgood価値観に、「ミニマリスト」とか「シンプルライフ」というものがあるではないですか。

私はこれに大賛成です。
貧乏をすがすがしく生きる感じがして、とてもいいじゃないですか!
サスティナブル!ベリーベリ、サスティナブルッ!!


私はミニマリストほど生活をつきつめられているわけではないですが、それでも家とか持ち物とかシンプル傾向を目指しております。
もしこれを10年ごと推移みたいな感じで数値化することができれば、かなりのシンプルライフ傾向が出ているのではないかと!げへへ!


他の所得低迷を生き抜く時代のgood価値観て、他にないの??
と、常に自問自答しているのですが、
しいて言えば「THEおさがり」かなー、と心を落ち着かせ始めました。

THEおさがりである中古品市場は昔からありますが、もっと大切に活用されていいと思うのですよ。
リサイクルショップのような形もいいですし、メルカリに代表されるWEB上のフリマというのもいいし。



例えば私はカップを買うなら、100円/300円均一のショップやプチプラショップよりも、リサイクルショップの方が好きだったりします。
元々、服がお下がりでもウェルカムだし、カップが中古でも気にしません。
むしろ「リサイクルっていいな~!」と思います。
そもそも飲食店でも行けば、私の前に置かれる食器は、数時間前に見知らぬオッサンが口をつけていたものであろうし。

品ぞろえとしては、リサイクルショップは「運」ですが、運に身を任せて買うことで困らないものなら、それでいいのです。


自分がもらうだけでなく、譲る方向でも活用しますよ。
子どもの使っていたベビーカーや低年齢チャイルドシートが、誰かのお役にたつならありがたいことです。


「中古品/リサイクルなんて、貧乏人のものじゃん!」
とよく言われますが、私は貧乏人だからいいんですってば。
貧乏スピリッツ、シェゲナベイベー。




↓そだね~ボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
PR