半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

出張事情と新型コロナと餃子のとよそならキレられても仕方がないという話

新型コロナウィルスの話題が熱い今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

「新型コロナ」を連呼されると、30年前だったら絶対にトヨタのコロナだったろうにと思考するオッサン脳です。



私は先週末時点で「出張自粛」などのおふれがなかったため、新幹線(東北)で宇都宮まで行ってきました。
新幹線、フツーに混んでました。
自粛していない乗車率なのか、本当はもっと混んでいるのか…。

時を同じくして別方面の新幹線(東海道)を出張利用した人によると、ガラガラだったそうなのですが。


宇都宮では、到着の晩と、翌日の仕事終わりの晩に、餃子を食べました。
以下備忘録。

みんみん
・安い
・うまい
・やっぱり安い
・うまい

◆宇味家
・みんみんより高いが、こっち(神奈川)より安い
・揚げ餃子の皮が厚い

宇都宮餃子館
・バラエティセットがある

◇まさしの餃子
・最寄り店が、夜やってなかった

◎次回についてすごく大切なこと
・伝染病云々とか関係なく、次は必ず車で行こう。
・車がないと、おすすめの餃子の店に行きにくい



んでだ。

フツーに泊りの出張があるんですよ、弊社。

ワーキングマザーの中には出張を断る人もいますが、ワーキングマザーが全員断っていたら業務が成立しないのです。
駄菓子菓子、今はいわゆる「過渡期」ですから、
いずれは、
「ワーママが増えて、出張できるワーママも限られているな」
 ↓
「そもそも出張というものを見直すべきでは?」
となるのではないか!?、…と期待しています。

期待して変わらないまま5年経ったけどね。

正確には、期待は捨てていないので今後なんとかしてくれ、ですね。

私が異動になって、かわりに出張に行かないワーママが部署に来たらどうなるのかというと。
数少ない出張できる人が、さらに追い詰められますね。

ひどい話ですが、火を見るよりも明らかです。

シチュは違えど、そういう進歩なしの出張事情という5年でしたので。


正直なところ、私を含めてワーママというのは「周囲に負担をかける側」なんですよ。
出張のことだけでなく、極めて頻繁に子どもが熱だとかなんだとかで会社から消えますし。

周囲に負担をかけてしまったら、恩返しになるような活躍ができればいいのですが、残念ながら完全なる挽回には及ばず…。

これ、たまたま現在の職場は心の優しい人ばっかり揃ってるからなんとかなっているのです。
子どものことで会社を休んでも、同僚は怒らない。

だけれども、これがよその職場だったら、マザーではない同僚たちからキレられても仕方がないというレベルです。

オマエらなんなの?
ふざけんな!
ほんっっとに使えない!!

…とか、いつ言われてもおかしくない。


それでだ、出張。
「宿泊出張を背負ってくれた人の不在中の仕事は、社内に残るワーママ組にまかせる」、というようなコンビネーションももちろんアリですが、、、、
実際には不在中のフォローをワーママ陣が100%達成というのも難しく、挽回にはなっていないな、という感触です。


そういうこともあり、そもそもの出張というものについて。
せっかく新型コロナウィルスが流行しているんだから、これを機に、出張自体を見直してください。

出張自粛にならなかった場合、来月も、再来月も、さらにその翌月も、宿泊を伴う出張だぞ~う。


↓そだね~ボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

PR