半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

体のだるさ、痛み、あとは更年期でも、加齢による様々な体調不良は「老いたな」に尽きる?

好きだなぁ。



年は誰しも取るもの~。
なので、体のだるさ、痛み、等々、あります。
加齢による様々な体調不良は「老いたな」に尽きるな~、なんて思っておりますが…


更年期障害というものがあってですね。

私は更年期に対して、
「カモン!ヘイ、カモン!」
ゼラニウムのエッセンシャルオイル(セットの一部)小瓶を握りしめてバチコイ体制をとっているのですが、まだ来てくれないようです。


人生塞翁が馬とはいいますが、実際、何が起こるかわからないじゃないですか。
(故事のようないいことはなく、災厄オンパレードで終結するかもしれませんけど)

この年まで生きるに大病もあったので、だったらもう、更年期なり白内障なりガンなり認知症なりは、
「どうせくるもの」
としておいたほうが、自分的に気が楽です。


だってさー、双胎妊娠とか、わりと死に近いじゃないですか。
多胎じゃなくとも、妊娠・出産は、わりとニア・バイ・極楽浄土。
ちーん


正直なところ、私も出産前後は「死ぬかもね」くらいには考えていましたよ~。
子どもが全然元気で、本当に良かったです。
私死にかけましたけど、多胎妊娠としてはまずまずの結果オーライです。

「死ぬかもね」だったので、遠くてめんどくさいけど命を救ってくれそうな病院を選んだり、切迫早産中も極めて病人らしくおとなしくしていました。
これで必ず助かるわけではないのですが、ヘブンズ・ドアはちょっと遠のいたはず。


なので、直近でなりそうな更年期障害についても、「どうせそのうちなるでしょ」と待ち構えています。

昨年の9月ごろからしばらく、体調がすこぶる悪かったので、もしかして更年期障害ではという指摘も受けました。
が、ドクターに聞いても症状からして違ったようです。
(疲労過多を疑われた。否定はしない)

あの時期、気候の変動で調子の悪い人が大量に出たらしいので、私もそれかもしれません。
まじでつらくなかった?2019年9月!

が、もしかしたら、一般的な更年期障害とは違う症状が出るタイプの更年期障害なのかもしれません。

いかんせん、ちっとも体が温まらない。
ヒートアップしない。
むしろ、生まれてこの方、常に寒い。

はたまた、ドクターの指摘通り「ただの疲労」かもしれません。
(育児仕事疲れ)


駄菓子菓子、事実として体調は不良でありましたので、元気になりたいでありますなー。

原因がわかって対処できてスッキリしたらそれはベストですが、そんな風に解決できないことも、たくさんあるでごわす。



↓そだね~ボタン(押すと喜びます)
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

PR