半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

学童、保護者のイライラが止まらない。ということは

やばい。
子どもらを通わせている学童保育が、やばい。

なんかね、学童のお迎えに行くと、えらいうるさいんですよ。

うるさい。
とてもうるさい。

「小学生ともなると、保育園児の比ではない声量なのか??」
なんて思ってたけど、違いました。


この学童、吸音してねえ。
建物内に、容赦なく音が響きまくってる。
構造上の問題。



ああ~、前の保育園って、よく考えて作られていたんですね。
あんだけたくさんの子どもたちがいて、音があれほどまでにマシだったということは、壁なり床なり天井なり、工夫がされていたんだろうなぁ、と。
建物もちゃんとしたところかつ広かったので、かなり良い施設だったのでは。



今の学童も、前の保育園も、保護者は働いて疲れて帰ってくるものなので、精神的なゆとりは基本的にナイのですよ。

駄菓子菓子。
ここの学童のほうが、保護者イライラ度が高い。

ええ、私も
「うるせーー
 パチンコ屋かよ、マジ勘弁してくれーーー」
って感じで、学童に入場すらしたくないです。

Photo:アンパンマン おしゃべりフィーバーDX

ううう。orz
私の知る限り、人の集まる施設としては学童がうるささワーストワン

迎えに来て連れて帰るだけの保護者で、これよ?

中にいる人たち、激ヤバでしょ!

学童スタッフのみなさんも、子どもらも、アウトだろこれ。
耳、おかしくなるよ。


そのほかにも、学童の指導員さんたちは環境が劣悪なのと、休みがとりにくそうですね…。
もし休みが取れるなら、Go Toキャンペーンで宮古島東急ホテル&リゾーツに行けるくらいのボーナスが出て欲しい。


んでだ、学童。
広さについては、立地不足の問題を抱える保育施設・学童施設、その典型例ってもんなのでしょうが、音は今からでもなんとかなるでしょう!
もうちょっと工夫しないと、中にいる人たちが壊れてしまう!

音って、床とか、事務備品とか、そういうものでも多少は変わるはずなので、本当は学童の設備搬入前にもうちょっと考えてもらいたかったですね…。

手軽なところとしては、パブリックコメントやアンケートのタイミング。
とりま、狙うぞ!


↓おきばりやすボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

PR

 

 

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て

働くパパママ川柳×はてなブログ 特別お題キャンペーン #仕事と子育て
by オリックスグループ