半熟ババァ-雲の彼方に?-庶民の日常記

双子育児中の邪悪なワーキングマザー。湘南茅ヶ崎在住(ただし北側)。節約しながら教育費をためたい。

怪談、ホラーというか、ダメなオッサンの話

茅ヶ崎に「オチョバンバの石碑」という

「触ると祟りがあるぞ!」

なる言い伝えのオカルトスポットがあります。

駄菓子菓子、

「移転した」

タウン紙に書いてありました。

おうおう、祟られるんじゃないのか?

祟られないにしても、文化財ならご丁重にお取り扱いいただきたい感じですが…
(天保6年=1835年という、185年前の石碑らしい)

 

本日はそんなオチョバンバの石碑からほど近い「祠(ほこら)」にまつわるホラー実体験です(笑)。

 

JR相模線の北茅ヶ崎駅のそばに祠があるんですがね。

そうそう、位置的には島忠茅ヶ崎店から、線路はさんで北西側。
北茅ヶ崎の駅舎の、すぐ南西。

天気のいい平日の昼間、当時短大生だった私がその近くを歩いておりますと…

1人のオッサンが、年季の入ったママチャリで現れました。

特徴はメガネに中途半端な白髪交じりの長髪、ズボンはハーフパンツ。
時間帯からも察するに、いかにもプータローです。

オッサンはママチャリを停めると、小さな鳥居をくぐって祠の前へと進みました。

そして、

お賽銭をつかみとり、

小さな鳥居をくぐって外界へ出てきたのです…!

 

Σ( ̄ロ ̄)

↑ほんとにこんな顔になっていたと思う

 

私と目が合ったオッサンは、

「へへっ」

と笑い、ボッコいママチャリでエッチラオッチラ去って行きました。

 

プータローが

賽銭泥棒していったーーーーーーーー。

白昼堂々ーーーーーーーーーーーー。

 

しかも、見た目の輝きからして、
1円、5円、10円玉で、合計29円くらいだったんじゃなかろうか…。

※ほんの一瞬でも見分けられてしまうんだから、自国の貨幣へのなじみって、すごいな。

 

怖い話です。

仕事してない人が、白昼堂々、祠からお賽銭を盗んでいくんです。

それともナニ?オッサンのために誰かがあそこに小銭を置いてるの??

 

私がプータローになったら、小銭を稼ぐために
モスラの歌を歌います。

双子の娘たちに歌わせれば収益アップが望めますが、彼女たちが興味を示すかはわかりません。
鬼滅の刃の主題歌がいいとか言いそう。

祠のお賽銭・推定29円を盗むのは、人として終わっていると思います。

↓お達者で~!ボタン
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へにほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 湘南情報へ

PR

 

今週のお題「怖い話」